エディ・コイルの友人たちのレビュー・感想・評価

エディ・コイルの友人たち

1件を表示 映画レビューを書く

名優ミッチャムの哀愁漂う背中が味わい深い

ロバート・ミッチャムが、裏社会で武器調達の役目を担うしがない男を演じる一作。もうじき裁判を抱えており、その罪を少しでも軽減してもらうべく、彼は司法取引に応じるのだが・・・。表向きの派手さはないものの、隠れた名作として非常に評価が高く、ベン・アフレックの『ザ・タウン』などにもその影響が随所に見受けられる。本作の評価すべきところとしては、ボストンやチャールズタウンなどの犯罪多発エリアでカメラを回し、その映像的リアリティにこだわり抜いたところにあるだろう。強盗団の銀行襲撃などの手順は緻密さが際立つ一方、彼らの覆面はいつもコミカルで、そのギャップが可笑しさと恐怖を同時に醸し出してもいる。さらに、犯罪者といえども養うべき妻や子供達がいる。この先、いったいどうやって暮らしていけばいいのかという悩みもある。通常の犯罪映画とは違い、かくも思い悩むミッチャムの後ろ姿を哀愁深く映し撮った、いぶし銀の名作だ。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2018年2月24日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi