ウィロビー・チェイスのおおかみ

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

19世紀のイギリス、ヨークシャー地方を舞台に、ふたりの少女が体験する恐怖を描くファンタジー・ドラマ。製作はマーク・フォーステイター、監督はスチュアート・オーム。ジョーン・エイケンの原作を基に、脚本はウィリアム・M・エイカーズ、撮影はポール・ビーソン、音楽はコリン・タウンズが担当。出演はステファニー・ビーチャム、エミリー・ハドソンほか。

1989年製作/イギリス
原題:The Wolves of Willoughby Chase
配給:アスミック

ストーリー

19世紀、ヨークシャー地方のウィロビー・チェイスには狼が出没する原野が広がっていた。おてんばな一人娘ボニー(エミリー・ハドソン)と共に平和に過ごす当主のウィロビー卿夫妻(ジョナサン・コイ、エリナー・デイヴィッド)は、夫人の病気療養のために旅に出ることになり、ボニーのためにいとこのシルヴィア(アレクス・ダロウスカ)を呼びよせ、遠い親戚にあたるスライカープ(ステファニー・ビーチャム)を家庭教師に任命し、旅立っていった。ところが卿夫妻が旅立つや、スライカープは手のひらを返したかのように変貌する。シルヴィアに言い寄って館にやって来たグリムショウ(メル・スミス)と共に、ウィロビー邸を乗っ取ることを企むスライカープは、卿夫妻の乗った船の船長を買収し、沈没するよう謀ったり、多くの召使いたちを解雇し、ボニーとシルヴィアを虐待した挙句、彼女の陰謀に加担しているブリスケット夫人(ジェラルディン・ジェイムズ)が院長の孤児院に、ふたりを送り込むのだった。孤児院の苛酷な日々に耐えきれなくなったボニーとシルヴィアは、機転をきかせ、ブリスケット夫人を倒し、危機一髪のところで院から脱出する。そしてふたりは、彼女たちを追って雪上機に乗ってやって来たスカイラープを、雪上機ともども爆発させる。そして瀕死の彼女は、やって来た狼たちに襲われ、絶命した。やがてボニーとシルヴィアの前には、船の沈没事故から一命をとりとめた卿夫妻が姿を現し、ふたりを優しく抱きしめるのと同時にグリムショウを警察に引き渡すのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る