3つの雲

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2004年に「闇を見つめる羽根」が、2005年に「3つの雲」がそれぞれ2年連続でカンヌ国際映画祭監督週間に招待された、若きアニメーション美術家・辻直之監督のオムニバス2Dアニメーション短編集。木炭画によるほんわかとした作風で、幻想的であたたかい世界を描く。それぞれは独立した物語でも、雲のような流れで、全体がゆるく結合する。誰もを飲み込む、その世界。チャーコール(木炭)と白い紙。絵が一枚できるとカメラで撮り、また描いては、少し撮影。それを繰り返す“コマ撮り“という手法で制作された。

2005年製作/12分/日本
配給:鈴木朋幸

ストーリー

「呼吸する雲」もしもわれわれ人間が、水蒸気のような気体だったら…? ワンカットの撮影で、気体の人間群を描いた短編映画。「雲をみていたら」中学校の教室。少年がノートに雲の絵を描くと、窓の外にも雲が姿を見せた…。何もかもが変容していく奇妙な物語。「雲から」そこは雲の上で、ひっそりと暮らす人々がいる。ベルが鳴ると、彼らは身支度を整えて、下界へいくのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

監督
その他
高梨麻紀子
全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る