折り梅のレビュー・感想・評価

メニュー

折り梅

劇場公開日 2002年3月16日
3件を表示 映画レビューを書く

スイートな作り

リアルな認知症を描こうとすると、救いの無い諦めの境地みたいな作品になるため、観ている方も苦しいし、売れにくい、

その辺りを踏まえて、甘く優しい作りになっている。
原田美枝子が若々しく美人で色気すら感じるので『ああ野麦峠』とか観たくなる。

うにたん♪
うにたん♪さん / 2017年2月8日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  幸せ 泣ける 笑える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

避けては行かれない道、人生は景色を楽しむ事なのか? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

観ていて、とてもショッキングな映画だった。決して他人事では済まされない思いを強く感じた。
今日の日本には高齢者が多数いて、その多くの方々が、今後年齢を重ねていく時に認知症を患わない保障などどこにも無い事。
そしてそれらのお年寄りの方々を支える筈の若年層の人々が少数である事のアンバランスが生む、色々な我が国のこれからの現実を思うと、不安になった。

これは、決して自分が介護しなくてはならない家族を抱える事になる自分の明日にショックを受けての事では無く、そう遠くない何時の日にか、自分が若い世代の人々の負担になる日が来る覚悟を付けて置かなくてはならない現実を見せ付けられた気がしたからだ。
自分では、いくら元気で、しっかりしているつもりでいても、そのつもりだけで、現実には老いてボケが出ている事にも自分で気が付かずにいる事も充分に有り得るのだ。
だからこそ、認知症なのだ。自分で自分の病状を深く理解出来、認識出来ている間は、それ程大した問題では無い、一応許容範囲内であると言えるだろう。

この映画では、初め認知症を患った政子も、不安から問題行動を色々と起こしてしまうのだが、その後、彼女は新しい趣味などを見つける事で、人に迷惑ばかりをかける余生では無く、家族と共に静かな時間をゆっくりと過ごす事が出来る様に変化した。
趣味に目覚め、趣味に集中する事を憶えた政子は、徐々に病状も安定していき、家族と共に幸せに満ちた安定した静かな生活を営む事が出来るようになる。
映画は、老いた老後の様子を、梅の老木に花が咲く事に準えて、認知症を発症したその後も、家族と良い関係性を続けていかれる可能性を秘めている事をこの作品は、みせてくれるのだが、それは素晴らしい希望で有り、誰もが、こうなってくれたら助かるだろうと言う希望の姿が描かれているだけの事だと考える。
確かに認知症が人生の絶望的な終わりを表す事では決して無いとそう言う点では、明るい老後の映画として希望の有る良い作品だとは思うので素晴らしいのだが、少し映画としては楽天的と言うか、甘く、浅い気がしなくもない。
本作は、希望も有り、良い作品で、好きだけれども、だからと言って、この映画の吉行和子が演じる政子の様に、もし自分が認知症になったその後にも、この作品の描いている主人公の様に、自分を取り戻して生きていく事が出来る、100%の保証は無いのだから。それを思うと、もっと若いうちから経済的な問題のみならず、どうしたら安心して生活出来る環境を自分自身が準備していく事が出来るのかと言う点にも、踏み込んで映画を描いて欲しかった。
絵画の才を発見する事で、遺された日々を穏やかな気持ちを保ったままで、生活をして行ける保障が万人に約束されている訳では無いのだから、若い世代の現実的な不安や、老後生活への備えをどう考え直すのかと言う点も描いて有ると最高だと思ったのだが?

Ryuu topiann(リュウとぴあん)
Ryuu topiann(リュウとぴあん)さん / 2013年3月11日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  知的 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

貴方の身内に老人性痴呆症の人がいたら・・・ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

あまり自分の好みの映画ではないのだが名古屋近郊の家庭に忍び寄る悲劇・・・って書いてあったので観てみましたが表題通りだったのですね。
しかし、トミーズ雅演じる父親と凄く環境が似ている自分にとって人ごとではなく人生の終焉を迎えてゆく人々にどう向き合うか?非常に考えさせられる映画でした。実際に介護や世話で大変なのは聞いているがこういうリアリティーのある映画で表現されるとあまりにもつらく、あまりにも軽々しく言葉にできず胸がつかえました。しかし活きる希望と今後に向けての光を見せたエンディングも安心しました。あのままお母さんが亡くなったら悲劇で心が沈むだけの映画ですから。田舎の母の声が聞きたくなりました。

としぱぱ
としぱぱさん / 2011年4月10日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 知的
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

3件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報