関の彌太ッペ(1963)のレビュー・感想・評価

関の彌太ッペ(1963)

劇場公開日 1963年11月20日
3件を表示 映画レビューを書く

素敵な映画

こんなに粋で素晴らしい映画は初めて観た。

良い映画はいつまでも残るんですね。

最後の槿の垣根越しのシーンは本当に美しい。

2017年4月22日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

やっと見れた!

昔から気になっていた、知るひとぞ知る日本映画の傑作!
素晴らしいプロット、無駄のない画面設計、構図に唸る。
所謂プログラムピクチャーで、当時としてもそんなにお金はかかっていないだろう。が、雨の中の、チャンバラなど大変迫力があった。

弥太郎
弥太郎さん / 2016年2月16日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

日本映画に燦然と輝く金字塔。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

もう完璧です。
これ以上望む物は無い程と言って良い。

若い頃に妹と生き別れた渡世人が、妹の面影を思い出させる見ず知らずの女の子の為に命を投げ出す。プロットはただこれだけなのに観る人の感情に訴える素晴らしい内容である。
フィルムの質が悪く所々は飛び飛びになってしまっているのが実に残念でならない。

セットを見ると解るが、明らかな低予算によるプログラムピクチャーでありながらより良い作品を作ろうとスタッフ全員の力が結集しているのがよく解る。
美しい一輪の花や水車小屋、人情味溢れる登場人物達に、静かに染み入って来る静謐なる音楽…そして素晴らしい脚本に錦之助入魂の演技は、後年の『子連れ狼』拝一刀に繋がっている。

日本映画に燦然と輝く金字塔です。

松井の天井直撃ホームラン
松井の天井直撃ホームランさん / 2015年4月5日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

3件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi