グリーン・レクイエム

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

植物から生まれた少女と人間の少年との恋を描く。新井素子原作の同名小説の映画化で、脚本は「星空のむこうの国」の小林弘利が執筆。監督は「アイコ十六歳」の今関あきよし、撮影は「グッドバイ夏のうさぎ」の渡部眞がそれぞれ担当。

1988年製作/97分/日本
配給:東北新社

ストーリー

三沢明日香は19歳。白い肌と緑の髪を持つ美しい娘だったが、実は普通の人間ではなかった。彼女の体は植物と同じで食物をとる必要がなく、光合成によって体内で有機物を補給できる構造になっていて生育していたのだ。彼女は日光欲さえしていればいいのだが、20分以上同じ場所にはいられなかった。明日香は髪を黒く染め、毎日公園で日光欲をしていたが、そのうちひとりの青年に恋をしてしまう。嶋村信彦、23歳、国立植物学研究所の若くて真面目な研究員で、彼もまた明日香のことが気になり始めていた。信彦には幼い頃、郷里の山の中で明日香によく似た緑色の髪の少女を見た記憶があった。信彦は郷里で明日香の秘密を探るうちに、彼女が自分の上司・松崎教授の恩師・岡田教授の行った生体実験によって生まれた子供であることを知った。信彦はなんとしても明日香を守らねばと誓うが、松崎教授は彼女を研究材料にと捕らえてしまう。信彦は明日香を助け出して逃亡するが、松崎ら研究所員も追いかけてきた。樹木は次第に凶暴になり、追っ手を襲い始めた。明日香は愛する信彦を守り、木々を鎮めるため宙に舞うのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る