「特車二課よ、メガロポリスを駆け抜けろ!~初めて観たパトレイバー」機動警察パトレイバー THE MOVIE syu-32さんの映画レビュー(感想・評価)

機動警察パトレイバー THE MOVIE

劇場公開日 1989年7月15日
全11件中、2件目を表示
  •  
映画レビューを書く

特車二課よ、メガロポリスを駆け抜けろ!~初めて観たパトレイバー

この映画がきっかけで「機動警察パトレイバー」の存在を知りました。
もともと刑事ドラマや警察小説とかが大好きで、アニメでこういう作品があるのかと驚きました。
ロボットが出てくるということ以外、リアルな世界観と設定で、警察官の日常を描き出しています。
登場人物にヒーロー的な存在がいないというのも、等身大で感情移入し易いですね。
「踊る大捜査線」の本広克行監督は、このシリーズの大ファンで、演出面でいろいろと参考にしたとか。確かに近しい部分がちらほらと見受けられます。
事件を仕掛けた犯人の正体と動機の見えなさ加減が、「交渉人 真下正義」と雰囲気がそっくりだということに気付きました。
やっぱり意識しているんでしょうね。
当時の作品で、コンピュータウイルスを使ったテロ事件を描いていることが、先見の明があってすごいなと思いました。
道具立てが派手で、後年の映画版には見られない陽性な物語が展開していきます。
ロボットアクションも満載で、テンポの良い展開で活劇要素が前面に押し出されており、他のシリーズを観ていなくても楽しめるようにつくられています。
「パトレイバー」初心者でしたがとても面白かったです。

syu-32
さん / 2018年4月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi