噛む女のレビュー・感想・評価

メニュー

噛む女

劇場公開日 1988年7月1日
2件を表示 映画レビューを書く

ストーカー ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 浮気したビデオギャル大林ひろみはAV女優の立原友香。疑似セックスだと思っていたのに本番をやらされる羽目になったのは木築紗絵子。80年代のAVって、たしか本番してるかどうかが話題になっていた。本物(?)のようなAVを流したり、

 ちょっとした倦怠期を感じさせる夫婦だとか、男から見た結婚観てのを描いているような序盤のホームドラマチックな内容と当時のAVを中心とした風俗。そのうち本題である『恐怖のメロディ』とか『危険な情事』のようなストーカーの展開となる。無言電話や投石、タイヤのパンク、今じゃストーカー防止法ができたおかげでそんな話は聞かなくなったけど、この頃の映画には多かったのかもしれない。そして、海老野早苗という女性を探してみると、彼女は死んだことになっていたのだ・・・ミステリー。そして、主人公の永島敏行は交通事故であっさり死んでしまうのだ。嫌がらせを続けた女。妻の車だったので致命的な細工をしたわけでもないが、ワイパーが動かないようにしただけ。結局、ストーカー行為に関しては、妻の桃井かおりと、おもちゃ屋に勤めて彼女と顔見知りの余貴美子が共謀して仕組んだことだったのだ。

 AV業界ではあるが、成功して地位と財産を得た男。しかも、少年時代は純粋に映画に憧れていた様子をシナリオコンクールの賞状や小津映画を見て感慨にふけるシーンでさりげなく描いているところがいい。

 それにしても何でもかんでもコップを投げつけたり、タバコを庭に捨てたりとか、彼ら全員に共通する粗暴さが気になる・・・

kossykossy
kossykossyさん / 2019年4月27日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まあまあだった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 桃井かおりが倦怠期の人妻で、特に浮気するわけでもなく不満を抱えて育児に精を出していた。どう考えても噛む女の桃井かおりが見たかった。芹明香が出ていると言うので楽しみにしていたらほんの一瞬、通り魔に襲われて逃げ惑う人だった。あの場面をもっとたっぷり見たかった。

古泉智浩
古泉智浩さん / 2018年12月2日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報