劇場公開日 2007年9月29日

ストレンヂア 無皇刃譚のレビュー・感想・評価

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全3件を表示

3.0ストーリーは微妙だけど

2018年7月30日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

映像がキレイ・音楽が素敵!この二つが合わさって醸し出されるどこか退廃的な雰囲気が個人的にはドツボでした。話のテンポもどこか緩やかで、かといって退屈しないのがよかったです。

ただ話の中心となる勢力が3つほどあるのですが、そのうち主人公勢が一番魅力が薄いです。なんというか流されるまま、日常を過ごしているというか。事件となる部分は残りの二つの勢力のぶつかり合いでドラマが生まれているので、いまいち感情移入が難しい部分がありました。
名無しも仔太郎も良いキャラしていたのにもったいないなぁ。

劇的なドラマ、熱い展開、興奮するストーリーを期待する人にはお勧めできませんが、落ち着いた気分で、かといって萌えなどで癒されたいとかじゃない、そんなアニメを楽しみたいな、という人にはいいと思います。

あと名無しの声優を担当されたのがジャニーズの長瀬智也さんというのがいい意味で衝撃でした。名無しのキャラにがっちりマッチしていたと思います。大御所の声優さんも多数出演されていますが、個人的にはこの映画の作風としては感情が豊か過ぎてちょっとずれてる気がしたので、長瀬さんくらいの生々しい(棒読みではない)抑揚がすごく魅力的に感じました。

いやー本当よかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ちょまん

3.0ストーリーはおいといて

もしゃさん
2015年12月3日
Androidアプリから投稿

アクション(殺陣?)がすごく格好いい作品でした。ただ派手に敵を斬り倒すのではなく、無駄のない動きで合理的に敵をさばいていくところにロマンを感じますね。動きの一つ一つに意味が込められているというか…。
個人的にはアクションだけでお腹いっぱいでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もしゃ

3.5ストレンヂア舞台挨拶試写会

2007年10月3日

興奮

「ストレンヂア」舞台挨拶試写会に行って来ました。
今日は息子と一緒です(意外とジャニーズ好きなのかも、、、)
なんだかいつもの試写会と違って関係者の数が多いです。
やはりジャニーズですからねぇ、、、
驚いたのは、入場時に携帯を配られた紙袋に入れてホチキスで閉じられた事です!
いや〜さすがジャニーズですねぇ(>▽<)
まずはMCの登場「この試写会の倍率は30倍もありました!」
30倍って、このホールが約600人として、、、1万8千人、、、驚く程でもないような、、、
でも、多くのジャニーズファンを差し置いて、申し訳ないですm(_ _)m
いきなり映像が始まり、ちょっと驚きましたが、映画の予告編でした。
そして、派手な音楽と奇抜な赤の照明から始まりました。
白い幕が降りると、長瀬智也と知念侑李が登場。(会場が一斉に黄色い歓声でパニック状態です)
なんとふたりともコスプレで、ポーズまでキメています〜Y(≧σ≦)Y!!
ふたりとも和服で長瀬君は刀まで持っています。
サービス精神旺盛ですねぇ(^o^)
長瀬君、日焼けしていてかなり髪の毛が短くなりましたね。
そしてMCの紹介で安藤真裕監督が登場しました。
まずは長瀬君「Hey!Say!7の長瀬です」と笑わせてくれます。
「初めての声優でしたが、監督から『長瀬君の好きなようにやって』と言っていただき、自分のペースで出来ました」など、かなり長めのあいさつです。
そして知念君が緊張して上手く喋れないでいると、長瀬君が軽くツッコんで笑わせてくれます。
安藤真裕監督は、空気をしっかり読み取って「僕は短めの挨拶ということで、、、」と簡単に挨拶終了。
その後も知念君が言葉に詰まると、長瀬君がフォローして、「そんなの関係ねぇって、おっぱっぴーだよな」と流行のギャグで会場を笑わせてくれました。
それにしても先輩の長瀬君が「おっぱっぴー」をやる様に振っているのに、軽く無視するとは、この知念君とやら、大物ですねぇ、、、、緊張してただけかもね(*´Д`*)
まぁ緊張していただけではなく、自分のセールスポイントをしっかりと理解しているようで、かなりのぶりっ子でした。(あれはお姉様達には、たまらんのだろうなぁ、、、)
その他、「ズル賢いところが仔太郎と似ている」とか「声優が専門じゃないから、最初で最後かも」などとブリブリしながらも話している内容は、結構生意気です(まぁそこが更にお姉様達には、かわいいのでしょうねぇ、、、、)
更に言葉に詰まった時に、長瀬君がボケて笑いを取っていたら、
「何言おうとしてたか忘れちゃった…」だって、、、オイオイ、、、
どうやらこの子は、そういうキャラなのかもしれないな(>▽<)

とにかく長瀬君がサービス精神旺盛で、何度も笑わせてくれます。
色々な仕掛けで楽しませてくれる舞台挨拶はありますが、トークでここまで楽しいのは、初めてです。(少しは見習えよオリラジ!「TAXI4舞台挨拶」参照)
安藤真裕監督もなかなか面白い方のようで、最後の挨拶で
「皆さん、明日は職場でストレンヂア!学校でストレンヂア!夜のお供にストレンヂア!ストレンヂアをよろしくお願い致します!」
と選挙演説調で絶叫して笑わせてくれました。
ちなみに上映終了後にロビーで写真撮影に応じていました。
若い女の子にチヤホヤされて喜んでいるオヤジって感じだったけどねw( ̄O ̄)w
長瀬君が好きな台詞は「痛みを感じていた方が生きている気がする」という台詞だそうで、完璧なヒーローではなく、ダサかっこいい人間らしいヒーローを目指したそうです。
今までで一番楽しい舞台挨拶でした〜(o^0^)o♪
息子も大満足で「明日みんなに話そうかなぁ♪♪」などと言っていました。

さて映画についてですが、これはアニメ映画です。
中国から身寄りを亡くした一人の少年・"仔太郎"が、"僧・祥庵"に連れられて海を渡り日本に上陸して来た。祥庵の庇護も失い天涯孤独となった仔太郎は愛犬・飛丸ととある荒寺で自らの名と共に刀を捨てた・"名無し"と出会う。武装集団の襲撃に居合せたのを切っ掛けに仔太郎の用心棒として雇われた名無し。初めは互いに対し反感を覚えるが、徐々に絆を深めてゆく名無しと仔太郎。
中国から皇帝の命を受けて仔太郎を捜す武装集団。
やがて無事に祥庵の元に仔太郎を送り届けたのだが、祥庵の裏切りにより中国の武装集団に捕まってしまう、、、仔太郎の身体には不老不死の秘密が隠されていたのだった、、、
必死に助け出そうと後を追う"名無し"、、、いつの間にかふたりは強い絆で結ばれていたのだった、、、、

息子「戦いのシーンは結構迫力があって、面白かった。最初の方は面白かったけれど、途中ダラダラとしてつまらなくなってしまった、けれども後半からまた面白くなった」
私「確かにね、途中眠くなったもんなぁ、、、」
息子「まぁまぁ面白かったよ」
普段の試写会に比べて、途中でトイレに行く人や帰ってしまう人が目についた。
やはり目的が舞台挨拶だったからだろうなぁ、、、

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
フリーダ
「ストレンヂア 無皇刃譚」の作品トップへ