劇場公開日 2006年11月3日

ナチョ・リブレ 覆面の神様 : 映画評論・批評

2006年10月31日更新

2006年11月3日よりテアトルタイムズスクエアほかにてロードショー

Bの凶暴な身ぶりが見られるだけで、なぜか幸せな気分に

画像1

ジャック・ブラックはハイテンション・キャラばかり演じているが、同じJBでもジョン・ベルーシ(「ブルース・ブラザース」)のように根っから破天荒なのではなく、まったくの即興演技なしで、じっくり笑いをつくりこむタイプのコメディアンなのだ。

メキシコの孤児院の子どもたちに腹一杯食わせるために、夜は覆面レスラー(ルチャドール)になる神父というのが、JBの今回の役どころだ。アメリカンなプロレス、WWEのようなマッチョな筋肉マンではなく、でっぷりしたお腹で、赤と水色の気色悪いタイツとマスクをして空中殺法に挑む(笑)という“反則攻撃”スレスレの仰天コメディだ。

「バス男」のジャレッド・ヘス監督の演出は、ガリガリなタッグコンビとの“特訓”などで、ユルユルなスラップスティックな笑いをかもし出し、「スクール・オブ・ロック」のマイク・ホワイトの脚本は、子どもたちにかこまれたJBをはしゃがせている。髪がモジャモジャのJBが、だんだん本物のメヒコ(ハーフだけど)のように見えてくるからおかしい。「スクール・オブ・ロック」が傑作だったので多少の失望感もあるが、ほとんどアドリブなしで演じたJBのコメディアン精神に頭が下がるし、JBの凶暴な身ぶりが見られるだけで、なぜか幸せな気分になる!

(佐藤睦雄)

Amazonで今すぐ購入

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る
「ナチョ・リブレ 覆面の神様」の作品トップへ