ナチョ・リブレ 覆面の神様 : 映画評論・批評

ナチョ・リブレ 覆面の神様

劇場公開日 2006年11月3日
2006年10月31日更新 2006年11月3日よりテアトルタイムズスクエアほかにてロードショー

Bの凶暴な身ぶりが見られるだけで、なぜか幸せな気分に

画像1 (C) 2006 by Paramount Pictures. All rights reserved.

ジャック・ブラックはハイテンション・キャラばかり演じているが、同じJBでもジョン・ベルーシ(「ブルース・ブラザース」)のように根っから破天荒なのではなく、まったくの即興演技なしで、じっくり笑いをつくりこむタイプのコメディアンなのだ。

メキシコの孤児院の子どもたちに腹一杯食わせるために、夜は覆面レスラー(ルチャドール)になる神父というのが、JBの今回の役どころだ。アメリカンなプロレス、WWEのようなマッチョな筋肉マンではなく、でっぷりしたお腹で、赤と水色の気色悪いタイツとマスクをして空中殺法に挑む(笑)という“反則攻撃”スレスレの仰天コメディだ。

「バス男」のジャレッド・ヘス監督の演出は、ガリガリなタッグコンビとの“特訓”などで、ユルユルなスラップスティックな笑いをかもし出し、「スクール・オブ・ロック」のマイク・ホワイトの脚本は、子どもたちにかこまれたJBをはしゃがせている。髪がモジャモジャのJBが、だんだん本物のメヒコ(ハーフだけど)のように見えてくるからおかしい。「スクール・オブ・ロック」が傑作だったので多少の失望感もあるが、ほとんどアドリブなしで演じたJBのコメディアン精神に頭が下がるし、JBの凶暴な身ぶりが見られるだけで、なぜか幸せな気分になる!

(佐藤睦雄)

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.0 3.0 (全6件)
  • 癖になる映画 特別面白い訳じゃないけど、ジャック・ブラックの演技に笑わされる。 ...続きを読む

    サイダーる サイダーるさん  2019年6月9日 16:34  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • これはひどい コメディにしてもひどい。 どさ回りのプロレスみたいな事で上手いくのはムリがある。 ジャックももう少し体つきを絞ってくれないと、実戦で通用するリアリティーがでない。 ...続きを読む

    うにたん♪ うにたん♪さん  2019年2月21日 04:35  評価:1.0
    このレビューに共感した/0人
  • 修道士がルチャドールに 教会で働く修道士が金を稼ぐため覆面レスラーとなってリングに立つ。 ラストは会場に現れた好きな修道女を見つけて、悪役レスラーに逆転して勝利する分かりやすいベタ展開。 メキシコのカラッとした風土に... ...続きを読む

    mimiccu mimiccuさん  2018年6月14日 00:21  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • 天気の子 天気の子 “あえて間違える”という姿勢。フィクションでしか描けない、逆説的な正しさ
  • よこがお よこがお 大胆な構成、巧妙な演出で、ある女性の流転と変容を描く人間探求ミステリー
  • 隣の影 隣の影 隣人トラブルがスプラッタ・ホラーに発展。原因はアイスランドの特殊な事情!?
新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報