劇場公開日 2007年5月26日

インビジブル・ウェーブ : 映画評論・批評

2007年5月22日更新

2007年5月26日よりシネマート六本木ほかにてロードショー

主人公の内面世界を掘り下げたノワール風ロード・ムービー

地球で最後のふたり」を作り上げた異才が再結集したラッタナルアーン監督の新作は、主人公の内面世界を掘り下げていく異色のフィルム・ノワールでありロード・ムービーだ。ボスの命令で、不倫関係にあった彼の妻を殺害し、身を隠すためにマカオからタイに向かうキョウジは、次々と奇妙な出来事に遭遇する。それは、罪悪感が生み出す幻覚なのか、それとも彼を陥れるために仕組まれた罠なのか。

出口のない空間を彷徨うキョウジは、死の淵に追いやられていくように見える。だが、この映画が切り開く世界では、生と死の間に明確な一線を引くことはできない。キョウジのなかで、自分を取り巻く世界や生と死に対する認識が変化していくからだ。ボスと彼は、シェフとスーシェフという一心同体に近い関係にあった。映画の冒頭に描かれるボスの妻とキョウジの最後の晩餐には、彼女がボスとキョウジを混同する一幕がある。

キョウジの変化とは、単に罪を認め、贖うことではない。気づかぬうちにボスの分身となっていた彼は、どこまで行ってもボスの世界に取り込まれていく。しかし、いつもそばにある海から寄せてくる“見えない波”が、自分を失った彼を揺さぶり、覚醒に導くのだ。

(大場正明)

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る
「インビジブル・ウェーブ」の作品トップへ