劇場公開日 2001年8月18日

ドリヴン : 映画評論・批評

2001年8月15日更新

2001年8月18日より丸の内ピカデリー2、渋谷東急ほか全国東急・松竹系にてにてロードショー

怒濤の劇画アクションならレニー・ハーリンに任せろ!

壊せるだけ壊し、勢いのみで突っ走る! そんなレニー・ハーリン監督の持ち味が存分に発揮された怒涛のカーレース・アクション。今さらスピードに憑かれた男の魂を語っても仕方がないと、ひたすら高速レースを疑似体験させることに徹した潔さが心地よい。

しかも、そのレース映像はハッタリをきかせまくり。実際のレース映像に、重力無視のクラッシュを次々と合成。破損し、「ツイスター」の“空飛ぶ牛”状態で宙を舞うレースカーと、降り注ぐ破片の雨のなかを突き抜けて行く後続カーの群れを、あらゆる映像技術を駆使してダイナミックに見せつける。さらには、夜の市街地でレースカー2台がチェイスするというとんでもシーンまで挿入。爆音で窓ガラスが割れ、タイヤがマンホールの蓋をはじき飛ばすといった、まさにデフォルメされた劇画世界をリアルに味わせてくれるのだ。

とはいえ、スタローンの脚本だけに、“走りたいから走り、走る限りは勝つ”というレーサーの性は押さえている。最終レース。それまでジミーのサポートに徹していたスタローンが、このときとばかりに少年の表情となって踊り出る様は、見ていて実に気持ちがいい。

これで、鳴りつづけているロックがもう少し抑えられていたら、もっと高揚できたのだが……。

(山口直樹)

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る
「ドリヴン」の作品トップへ