劇場公開日 2002年7月27日

快盗ブラック・タイガー : 映画評論・批評

2002年5月15日更新

2002年7月27日よりシネクイントほかにてロードショー

フル・デジタル・エスニック・ウエスタン誕生!

アタック・ナンバーハーフ」や「レイン」によって世界的にも注目されるタイ映画界。ハリウッドや香港との人物交流も活発で、最近ではコッポラも現地で映画の製作に協力している。そんな中、タイ映画として初めてカンヌ映画祭に正式出品されたのがこの作品、と聞けば格調高い民族映画と思いきや、なんと勧善懲悪の西部劇なのだ。

ストーリーは波瀾万丈。第二次大戦を挟んだ10年間、出会いと別れを繰り返し運命に翻弄される主人公とヒロイン。彼を巡る友情と裏切りと陰謀のドラマ。宿敵との運命の一騎打ち。梶原一輝「愛と誠」(ヒロインを助けて負った額の傷!)をベースに、日活無国籍アクションや「クイック&デッド」の様な大仰な演出が交錯している感じなのだ。

そして最大の特徴はその映像。モノクロで撮影したフィルムをデジタル化して着色することで総天然色の風合いを作り上げ、背景に細工することで宗教画のような非日常感を実現している。また銃撃戦では弾丸をCG合成させたり、眼を「キラン」(音入り)と光らせたりと「ベタ」を超越した演出も満載。

甘さも辛さもとことんスパイスが利いていて、まるでタイ料理のようだが、一度乗れればハマること請け合いの「フル・デジタル・エスニック・ウェスタン」だ。

(編集部)

関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る
「快盗ブラック・タイガー」の作品トップへ