劇場公開日 2005年6月4日

おわらない物語 アビバの場合 : 映画評論・批評

2005年6月1日更新

2005年6月4日よりシネマライズほかにてロードショー

8人1役アビバの意味はイヤってほど判るのだが

アメリカ人のもっとも隠したい部分を暴き出し、意地の悪い笑いを浮かべながら、ほら、これが真実だよと突きだしてみせる。母親に堕胎させられた12歳の少女アビバに、ゴミ捨て場の中絶胎児を見せつける少年……それがトッド・ソロンズだ。

「幸福は夢に過ぎず、苦痛は現実である」とはボルテールの言葉だけど、本作はまさに現代アメリカ版「カンディード」だ。生来の母性を持った無垢な少女が、思いがけぬ妊娠・中絶を経て、良き母となる夢を追うべく旅に出る。だがその時点で子宮を全摘出されている少女には(彼女はそれを知らない)、思い描くような幸福などすでに夢でしかない。

故郷に還ったアビバは、この世が善と悪のカオスであること(たとえば聖書根本主義者=慈善的エンタテイナー=堕胎医暗殺集団であるサンシャイン・ハウス)を知っている。それでもなお自分が不変であると吐露する彼女に、底知れぬ暗黒を感じるのは僕だけだろうか。

今回、もっとも話題となるのはアビバの8人1役だろう。意味はイヤってほど判るのだが、ブニュエル「欲望のあいまいな対象」や原一男またの日の知華」と同様、僕にはさして効果的とは思えないし、ソロンズにしては小手先に過ぎやしないか。アビバを妊娠させた映画作家志望少年は、中断した自作を「コンセプトがダサかった」と述懐するけれど、その言葉、ソロンズにこそ返したくなるんだよなあ。

(ミルクマン斉藤)

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る
「おわらない物語 アビバの場合」の作品トップへ