クライム・キーパー 香港捜査官

1989年製作/94分/香港
原題:皇家師姐IV直撃証人 In the Line of Duty IV

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

4.0ドニー・イェンが若い

2024年1月26日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

麻薬組織を追う二人の警察官と、濡れ衣を着せられた一人の男。三人の奮闘を描く物語。

1980年代に製作された香港カンフー映画。まだ駆け出しのドニー・イェンが主演の一人を務めた映画ですね。
この映画、原題が「皇家師姐IV直擊證人」となっています。どこかで見た記憶があったので調べてみたら、ミッシェル・ヨーと真田広之が共演した「皇家戦士」に連なる映画なんですね。
曰く「女性が活躍する現代を舞台にしたカンフーアクション」
女性刑事の活躍を魅せる映画シリーズのようです。

「皇家戦士」も素晴らしいアクションでしたが、この作品も流石のアクションクオリティー。
今なら、ワイヤーやCGを使うアクションシーンも、この頃は生身の人間が限界にチャレンジしてのアクション。
迫力も緊迫感も、まったく別次元のレベルです。
そんなアクションシーンが、映画全編に繰り広げられます。本来なら、お腹一杯に感じるところですが、色々なバリエーションを考えて繰り広げられているので、飽きがこないのも良いですね。

物語はあって無きがごとし。そもそも基本設定に無理が無茶苦茶なのは、香港映画良くあること。
この映画の場合、物語や設定以上にガンファイトの扱いに、改善の余地があるように感じました。
その点は、前述の「皇家戦士」の方が上手かもしれません。

ただ、何れにせよ、香港カンフー映画に期待されるカンフーアクションは標準以上。
私的評価は4にしました。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
よし

他のユーザーは「クライム・キーパー 香港捜査官」以外にこんな作品をCheck-inしています。