「キャロル」トッド・ヘインズ監督の最新作「ワンダーストラック」18年4月に公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年10月24日 > 「キャロル」トッド・ヘインズ監督の最新作「ワンダーストラック」18年4月に公開
メニュー

「キャロル」トッド・ヘインズ監督の最新作「ワンダーストラック」18年4月に公開

2017年10月24日 12:00

孤独な少年少女の時代を越えた物語「キャロル」

孤独な少年少女の時代を越えた物語
PHOTO : Mary Cybulski
(C) 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC
[拡大画像]

[映画.com ニュース] トッド・ヘインズ監督の最新作「Wonderstruck(原題)」が、「ワンダーストラック」の邦題で2018年4月に全国公開されることが決定した。

エデンより彼方に」や「キャロル」など、ヒューマンドラマの名手として知られるへインズ監督が、「ヒューゴの不思議な発明」の原作者ブライアン・セルズニック氏の同名ベストセラー小説を映画化。今年の第70回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品作としてワールドプレミアされて以降、第55回ニューヨーク映画祭など世界各地の映画祭に出品、早くもアカデミー賞に向けた賞レースでの活躍に期待が高まっている。

1977年の米ミネソタ、母親を交通事故で亡くし、おばに預けられた少年ベンは、会ったことのない父親の手がかりを母の遺品から見つける。その50年前のニュージャージー、両親が離婚し、厳格な父に育てられている聴覚障害のある孤独な少女ローズは、憧れの女優リリアン・メイヒューの記事をこっそり集めたスクラップブックを宝物にしていた。ある日、ベンは父を探すため、ローズは憧れの女優に会うため、それぞれニューヨークへ向かう。異なる時代に生きた2人の物語は、やがて謎めいた因縁で結びつき、ひとつになっていく。


画像2

[拡大画像]

少年ベン役を演じるのは、「ピートと秘密の友達」の主人公ピート役で注目を浴びた子役オークス・フェグリー。一方の少女ローズ役は、自身も聴覚障害をもち、本作が映画初出演となる13歳のミリセント・シモンズが演じた。へインズ監督とは4度目のコラボレーションとなる女優ジュリアン・ムーアが、ベンとローズをつなぐ重要な役どころを演じるほか、ベンの母親役をミシェル・ウィリアムズが演じる。

原作者のセルズニックが、本作で初めて映画脚本を執筆しており、ローズのパートは「白黒のサイレント」、ベンのパートは「カラーの音あり」で描くなど、時代の違いを表現。へインズ監督は、脚本の最初のページを読むなり、類まれな映画的なアイデアに満ちた内容に魅了されたそうで、セルズニックの脚本家デビュー作としても注目が集まる。

「ワンダーストラック」は2018年4月角川シネマ有楽町ほか全国で公開。

(映画.com速報)
キャロル[Blu-ray/ブルーレイ] キャロル[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,756 エレガントな大人の女性に心奪われた若いヒロインの禁断の恋を描いた作品。
ベルベット・ゴールドマイン[Blu-ray/ブルーレイ] ベルベット・ゴールドマイン[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,241 1970年代に流行したグラム・ロック・ムーヴメントを背景に、あるカリスマ・ロック・ミュージシャンの肖像を描いた作品。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi