鬼才T・ヘインズ、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのドキュメンタリーを監督 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年8月24日 > 鬼才T・ヘインズ、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのドキュメンタリーを監督
メニュー

鬼才T・ヘインズ、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのドキュメンタリーを監督

2017年8月24日 19:00

左からダグ・ユール、ルー・リード、モーリン・タッカー、スターリング・モリソ「ベルベット・ゴールドマイン」

左からダグ・ユール、ルー・リード、モーリン・タッカー、スターリング・モリソ
Photo by Michael Ochs Archives/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース]米インディペンデント映画界の鬼才トッド・ヘインズ監督が、1960年代の伝説的ロックバンド「ヴェルヴェット・アンダーグラウンド」を題材にした、自身初となるドキュメンタリー映画に挑む。

スイスで開催された第70回ロカルノ映画祭で名誉金豹賞を受賞したヘインズ監督は8月7日(現地時間)、次回作について「主なインスピレーションは、アンディ・ウォーホルが撮りためた映像と、今や過去のものになりつつある60年代の実験映画文化。希少なアーカイブ映像を掘り出すリサーチ作業は確かに大変だとは思うけれど、刺激的な挑戦になるはずだと、今からワクワクしているよ」と、意気込みを米バラエティに語った。タイトル未定の新作では、アーカイブ映像に加え、存命のバンドメンバーや、同バンドと縁の深い60年代芸術運動の担い手たちののインタビュー映像も含む予定だという。

同バンドは、当時ポップアートの旗手として活躍していたウォーホルのプロデュースで、67年にデビューアルバム「ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ」をリリース。前衛的な音楽性は、デビッド・ボウイセックス・ピストルズをはじめとする後進のアーティストに多大な影響を与えたことでも有名だ。新作映画は、同バンドにとって初のドキュメンタリーとなる。

へインズ監督は、70年代前半に流行したグラムロック・ムーブメントを背景に、スーパースターの肖像を描いた「ベルベット・ゴールドマイン」(98)や、ボブ・ディランの半生を6人1役で描いた「アイム・ノット・ゼア」(07)など、時代を象徴する型破りなミュージシャンをスクリーンで描いており、自身初の音楽ドキュメンタリーに期待が高まる。へインズ監督の新作で、5月のカンヌ国際映画祭で初披露された「ワンダーストラック(原題)」は来年公開予定。

(映画.com速報)
ベルベット・ゴールドマイン[Blu-ray/ブルーレイ] ベルベット・ゴールドマイン[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,241 1970年代に流行したグラム・ロック・ムーヴメントを背景に、あるカリスマ・ロック・ミュージシャンの肖像を描いた作品。
アイム・ノット・ゼア[DVD] アイム・ノット・ゼア[DVD] 最安価格: ¥1,000 謎に包まれた伝説のアーティスト、ボブ・ディランの実像を、鬼才トッド・ヘインズ監督が豪華キャストで映像化!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi