生田斗真が太鼓判「広瀬すず史上最強にかわいい映画」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年9月26日 > 生田斗真が太鼓判「広瀬すず史上最強にかわいい映画」
メニュー

生田斗真が太鼓判「広瀬すず史上最強にかわいい映画」

2017年9月26日 22:44

笑みを浮かべる広瀬すず「先生! 、、、好きになってもいいですか?」

笑みを浮かべる広瀬すず
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 生田斗真広瀬すずが初共演し、河原和音氏の人気少女漫画を映画化する「先生! 、、、好きになってもいいですか?」の完成披露試写会が9月26日、東京国際フォーラムで行われ、主演の生田をはじめ広瀬、竜星涼森川葵、健太郎、中村倫也比嘉愛未三木孝浩監督が舞台挨拶に出席した。

映画は、クールで生真面目だが生徒への愛に溢れる教師・伊藤貢作(生田)と、伊藤を一途に思い続ける弓道部員の女子高生・響(広瀬)のピュアな恋愛模様を描いた。

広瀬の手を取り、エスコートしながら登場した生田は、「広瀬すず史上最強に可愛い映画ができたと思ってます。数年は更新されることはないでしょう。世の男子諸君、覚悟して映画館に来るように」と太鼓判。広瀬も「本当に伊藤先生が格好いいです。伊藤先生がいて下さったから響を真っ直ぐに生きられたなと思います」と話し、2人でほめそやし合戦を繰り広げた。

教師と生徒の恋愛模様を描いた今作。生田は、教師役と生徒役の間には「1本の川が(あった)……」といい、「数年前まで生徒役をさせていただいていたので、1本戻れない川を越えたな、大人の階段上ったなと思いました」としみじみ。同じく教師役を演じた比嘉と中村も「キラキラ度合いがすごい」「竜生くんが若々しくて」とまぶしそうに語っていた。

メガホンをとった三木監督は、「今回は本当に響の伊藤に対する初恋を丁寧に描いていくストイックな部分があった。最初は(生田と広瀬の)2人に負担が掛かる映画になるとちょっと不安があった」と本音を吐露。しかし、いざ現場に入ると不安はなくなり、「2人の関係性が見ていて素敵で、それぞれが表情ですごく雄弁にお芝居してくれて、撮っているだけでこっちがキュンとなる感じがした」「2人の細かいお芝居を大スクリーンで楽しんでいただければ」とアピールに務めていた。

またこの日は、“恋のお悩み相談室”が開催され、全国の女子中高生から寄せられた6000件の恋の相談に生田が答えた。「誰にでも同じ対応の彼に特別扱いされたい」という相談に、生田は「特別な対応ってなんだろう?」と困惑。広瀬が「消しゴムを2つに割ってひとつ貸してくれるとかそういうことですかね? 2、3人忘れた子がいるんだけど、自分にだけ半分くれるとか(笑)」と一昔前の例えで会場の笑いを誘うと、生田は「特別な対応をされたいなら、消しゴムを2つに割っておこう(笑)」とアドバイスしていた。

先生! 、、、好きになってもいいですか?」は、10月28日から全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi