ハリウッド版「AKIRA」、「マイティ・ソー3」タイカ・ワイティティ監督が交渉中 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年9月21日 > ハリウッド版「AKIRA」、「マイティ・ソー3」タイカ・ワイティティ監督が交渉中
メニュー

ハリウッド版「AKIRA」、「マイティ・ソー3」タイカ・ワイティティ監督が交渉中

2017年9月21日 00:00

今度こそ実現するか?「AKIRA」

今度こそ実現するか?
写真提供:アマナイメージズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 大友克洋氏の人気漫画「AKIRA」の実写化企画を手がける米ワーナー・ブラザースが、ニュージーランド出身の気鋭の監督タイカ・ワイティティと交渉を行っていることがわかった。米Deadlineが報じた。

同スタジオは2008年に映画化権を再獲得して以来、レオナルド・ディカプリオの製作会社アッピアン・ウェイとともに企画を難航。ルアイリ・ロビンソンをはじめ、アルバート&アレン・ヒューズ兄弟(「フロム・ヘル」)や、ジャウム・コレット=セラ(「アンノウン」)らが監督がいずれも降板。今年4月には、低予算スリラー「ゲット・アウト」が全米大ヒットしたジョーダン・ピール監督が興味を示しているとの報道があったが、契約には至らなかった。

当初から、全6巻からなる原作を3巻ずつに分け、前・後編の2部作として映画化するといわれており、舞台は2019年の人工都市ネオ東京から近未来のニュー・マンハッタンへと変更される。かねて金田役にギャレット・ヘドランドが決定し、鉄雄役の候補にデーン・デハーンとマイケル・ピットが挙がっていたが、現在キャストは白紙状態だ。

俳優としても活動するワイティティ監督は、ジェマイン・クレメントと共同で監督を務めたモキュメンタリー形式のコメディ「シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア」で国際的に脚光を浴び、マーベル・スタジオの「マイティ・ソー バトルロイヤル」(11月3日公開)の監督に大抜てきされた。次回作は、第2次世界大戦を舞台にしたドラメディ「Jojo Rabbit(原題)」で来春から撮影に入る予定だという。

(映画.com速報)
AKIRA[Blu-ray/ブルーレイ] AKIRA[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,036 世界で絶賛された大友克洋監督の傑作『AKIRA』を、HDニューテレシネ&192kHz 24bitオーディオでBlu-ray化!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi