米誌選出「大人向けアニメ映画ベスト10」 日本映画最上位は「AKIRA」の4位 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年8月17日 > 米誌選出「大人向けアニメ映画ベスト10」 日本映画最上位は「AKIRA」の4位
メニュー

米誌選出「大人向けアニメ映画ベスト10」 日本映画最上位は「AKIRA」の4位

2016年8月17日 12:00

「AKIRA」は第4位「AKIRA」

「AKIRA」は第4位
写真提供:アマナイメージズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米ハリウッド・レポーター誌の映画批評家ジョン・デフォー氏が、セス・ローゲンエバン・ゴールドバーグ製作・脚本のR指定アニメーション映画「Sausage Party」の北米公開にあわせ、大人をメインターゲットにしたアニメ映画のベスト10を選出した。

1位に輝いたのはドン・ハーツフェルト監督の「なんて素敵な日」。そのほか、1973年にカンヌ映画祭でアニメーション作品として初めて審査員特別賞を受賞した「ファンタスティック・プラネット」から、今年のSXSWで上映された、再現ドラマやインタビュー映像にアニメ手法を用いたドキュメンタリー「Tower」まで、独自のスタイルをもった作品が選ばれた。日本からは、8位に今敏監督の「パプリカ」、7位に高畑勲火垂るの墓(1988)」、4位に大友克洋監督の「AKIRA」がランクインした。

CGアニメーションとして初のR指定(17歳未満の鑑賞は保護者の同伴が必要)となった「Sausage Party」は、ソーセージを擬人化したキャラクターを主人公に、スーパーマーケットの商品たちが、自分たちの存在意義の真相、すなわち選ばれし者となり店を去った後に何が待ち受けているかを探求する冒険を描いた。8月12日(現地時間)に北米公開され、オープニング3日間の興行収入3400万ドル(約34億円)で全米ランキング初登場2位を記録した。

ジョン・デフォー氏選出の大人向けアニメ映画ベスト10は以下のとおり。

1.「なんて素敵な日」(ドン・ハーツフェルト監督)
2.「ウェイキング・ライフ」(リチャード・リンクレイター監督)
3.「ベルヴィル・ランデブー」(シルバン・ショメ監督)
4.「AKIRA」(大友克洋監督)
5.「スキャナー・ダークリー」(リチャード・リンクレイター監督)
6.「Tower(原題)」(キース・メイトランド監督)
7.「火垂るの墓(1988)」(高畑勲監督)
8.「パプリカ」(今敏監督)
9.「ペルセポリス」(マルジャン・サトラピバンサン・パロノー監督)
10.「ファンタスティック・プラネット」(ルネ・ラルー監督)

ウェイキング・ライフ[DVD] ウェイキング・ライフ[DVD] 最安価格: ¥991 実写で撮影した映像をデジタル・ペインティングでさらに加工するという新鮮かつ斬新なアニメーション手法で、夢の中にいるような不思議な映像を表現したトリップ・ムービー。
スキャナー・ダークリー[Blu-ray/ブルーレイ] スキャナー・ダークリー[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥982 近未来のカリフォルニア州を舞台に、覆面麻薬捜査官のボブ・アークターがおとり捜査のためにドラッグに手を出し、次第にアイデンティティや忠義の解読が不能になり、不条理で被害妄想の渦に飲み込まれていく姿を描く。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi