岡本喜八監督「肉弾」、寺山修司脚本「初恋・地獄篇」など4作品が初ブルーレイ化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年5月10日 > 岡本喜八監督「肉弾」、寺山修司脚本「初恋・地獄篇」など4作品が初ブルーレイ化
メニュー

岡本喜八監督「肉弾」、寺山修司脚本「初恋・地獄篇」など4作品が初ブルーレイ化

2017年5月10日 00:00

「肉弾」(上)、「初恋・地獄篇」 (下)場面画像「肉弾(1968)」

「肉弾」(上)、「初恋・地獄篇」
(下)場面画像
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 非商業的な芸術映画を製作・配給したことで知られるATG(日本アート・シアター・ギルド)から発表された、故岡本喜八監督の「肉弾」(1968)、「近頃なぜかチャールストン」(81)と、故寺山修司が脚本を務めた「初恋・地獄篇」(68・羽仁進監督)、「サード」(78・東陽一監督)が、デジタルニューマスター版で初ブルーレイ化され、DVDも再発売されることが決定した。

肉弾」は、第2次世界大戦で特攻隊員となった21歳の“あいつ”の1日限りの休日を通じ、戦争の愚かさをコミカルなタッチで切なく紡いだ名作。「近頃なぜかチャールストン」は、岡本監督の「今、もし、『肉弾』の“あいつ”そして、『独立愚連隊』(59)の隊員が生きていたらどうしただろうか」という発想を基に、非行中年グループと婦女暴行未遂を犯した非行少年の奇妙な交流を描いた。

初恋・地獄篇」は、性が氾濫する大都会に生きる若者を題材にし、公開当時センセーショナルな作品として話題を呼んだ。「サード」は、少年院の教官だった作家・軒上泊の小説「九月の町」を原作に、寺山が脚色。ともにドキュメンタリータッチの青春映画となっている。

肉弾」「近頃なぜかチャールストン」は7月12日、「初恋・地獄篇」「サード」は8月16日に発売。ブルーレイは各5800円(税抜き)、DVDは各3800円(税抜き)。

(映画.com速報)
近頃なぜかチャールストン≪HDニューマスター版≫[Blu-ray/ブルーレイ] 近頃なぜかチャールストン≪HDニューマスター版≫[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,654 留置場で出会った無銭飲食の老人たちと、非行少年の奇妙な交流を描いた作品。利重剛、藤木悠、山崎義治ほか出演。
肉弾≪HDニューマスター版≫[Blu-ray/ブルーレイ] 肉弾≪HDニューマスター版≫[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,656 太平洋戦争末期を背景に、特攻隊員に選ばれた男からの視線で戦争を描いた、岡本喜八監督が贈る戦争ドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi