キネマ旬報社、中央映画貿易の100%子会社に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年3月14日 > キネマ旬報社、中央映画貿易の100%子会社に
メニュー

キネマ旬報社、中央映画貿易の100%子会社に

2017年3月14日 04:00

[映画.com ニュース] 映画・映像ソフトのテレビ番販等などを手掛ける中央映画貿易(本社:東京都中央区/代表:星野晃志)は、3月1日付けでキネマ旬報社(本社:東京都千代田区)の全事業を譲受し、キネマ旬報社を100%子会社にした。

千葉県柏市で映画館キネマ旬報シアターを運営するキネマ旬報DDは、キネマ旬報社の100%子会社となる。また同日付で、キネマ旬報社及びキネマ旬報DDの代表取締役社長に星野晃志中央映画貿易代表取締役社長が就任した。

なお、キネマ旬報社及びキネマ旬報DDにおける事業内容は、2017年2月28日時点より変更はない。(文化通信)

映画.com×文化通信 映画・放送・音楽の総合専門誌「月刊文化通信ジャーナル」のご購入はこちらから

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi