ユマ・サーマン、ラース・フォン・トリアー監督の新作に出演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年3月10日 > ユマ・サーマン、ラース・フォン・トリアー監督の新作に出演
メニュー

ユマ・サーマン、ラース・フォン・トリアー監督の新作に出演

2017年3月10日 12:00

ユマ・サーマン「アンノウン」

ユマ・サーマン
Photo by Jacopo Raule/WireImage
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 鬼才ラース・フォン・トリアーが手がける新作映画「The House That Jack Built(原題)」に、女優ユマ・サーマンが出演することが決定した。サーマンは、トリアー監督が色情狂の女性を描いた「ニンフォマニアック」2部作に出演している。

マット・ディロンが主演する新作は、まだ殺人捜査にDNA鑑定が用いられていなかった1970年代を舞台に、高度な知性を持つシリアルキラー、ジャックの12年間を綴るサスペンスで、ジャックの視点から描かれる。

芸術として殺人を続けてきたジャックは、いよいよ警察の追跡が迫るなか、究極のアートを完成させるため危険なリスクを重ねていくというストーリー。ジャックがこれまでの殺人を振り返って語る相手ヴァージ役をブルーノ・ガンツ(「アンノウン」「悪の法則」)が演じ、ライリー・キーオソフィー・グロベルが共演する。

米ハリウッド・レポーターによれば、サーマンのほか、トリアー監督「ダンサー・イン・ザ・ダーク」「ドッグヴィル」に出演した個性派女優シオバン・ファロン・ホーガンも新たにキャストに加わった。

「The House That Jack Built」は3月にスウェーデンのトロルヘッタンでクランクインし、5月からデンマークのコペンハーゲンで撮影される。

(映画.com速報)
ニンフォマニアック Vol.1/Vol.2[Blu-ray/ブルーレイ] ニンフォマニアック Vol.1/Vol.2[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥6,516 自らを色情狂と認める女性の半生をVol.1、Vol.2の2部構成で描き切った作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi