企画書段階で出演即決!「愚行録」石川慶監督、妻夫木聡の熱意に感嘆 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年1月28日 > 企画書段階で出演即決!「愚行録」石川慶監督、妻夫木聡の熱意に感嘆
メニュー

企画書段階で出演即決!「愚行録」石川慶監督、妻夫木聡の熱意に感嘆

2017年1月28日 12:00

初のティーチインに 緊張気味も徐々に打ち解けた「愚行録」

初のティーチインに
緊張気味も徐々に打ち解けた
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ロマン・ポランスキーらを輩出したポーランド国立ウッチ映画大学出身で、妻夫木聡満島ひかりが兄妹役で共演した「愚行録」で監督デビューを飾った石川慶が1月27日、都内で行われた本作の試写会イベントに出席。映画を見終えたばかりの観客とのティーチインに臨んだ。

貫井徳郎氏の直木賞候補となった同名小説を実写映画化。未解決の一家惨殺事件の真相を追う週刊誌記者・田中(妻夫木)が、取材を進めていくなかで、関係者たちの隠された本性を目の当たりにする。小出恵介臼田あさ美市川由衣松本若菜中村倫也眞島秀和濱田マリ平田満ら豪華キャストが顔をそろえた。

ティーチインに初参加だという石川監督は緊張気味に登場したものの、観客からはカメラワークやキャラクター描写についての鋭い質問が次々と飛び交った。最終的に、石川監督が「可能であれば、1人1人とお茶を飲みながら話を聞きたい」と名残惜しそうな表情を見せるほど白熱した場となった。

劇場映画デビューに際し、プロデューサーと本選びを行うなかで原作に出合ったという石川監督は「本を読んだときに、ディテールが豊かで、登場人物がどいつもこいつもな感じでしたが、でも同じテーブルに自分もいるような、そんなに遠くない気がした。ポーランドから日本に帰ってきて、東京に出てきて息苦しいなと感じていたときのような、自分の置かれている日本の縮図を感じたんです」と独特の表現で当時を述懐。映画化には妻夫木の力が不可欠だったといい「妻夫木さんは最初に手を挙げてくださった。脚本はまだできていない段階だったんですが、企画書と僕の撮った短編を見てくれた妻夫木さんが『やりたい』と言ってくれなかったら動かなかった」と感謝を述べた。

「簡単な役ではない」という田中の妹・光子を演じた満島とは「現場でもそれ以外でも、とにかく話し込んで作っていった」と二人三脚で役を作っていった。「あるシーンで、段取りも終わって撮影、となったときに満島さんから『ちょっと話したい』と言われてそのまま30分とか1時間話した」こともあったという。満島の演者としてのこだわりの強さが感じ取られるエピソードだが、石川監督は、役作りのために自らを追い込んでいった満島を「真正面から本気でぶつかってる人」と称えた。

ポーランド映画好きという観客からの質問に対しては、「自分の映画文法のかなりの部分がポーランド語。大御所の名前を出すのはおこがましいんですが、シャワーのシーンを客観的に見たときに『ポランスキーっぽいな』と思った」と照れ笑い。「過去と現在の区別をつけるときに、レンズをまったく違うものにして過去のほうがキャラクターに近づけられるように画づくりをしました」と演出意図を明かすなど観客との質疑応答を楽しんだ石川監督は、「皆さんの叱咤激励が僕の明日のかてになっていきます」と真摯な姿勢を示した。

愚行録」は、2月18日から全国公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社アニープラネット

あなたの笑顔の先に映画のヒットがあります! 明るくて誠実なあなたを待っています!

職種映画パブリシスト
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi