大野いと&森崎ウィン主演、沖縄を舞台に紡ぐラブストーリー「クジラの島の忘れもの」製作決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年1月19日 > 大野いと&森崎ウィン主演、沖縄を舞台に紡ぐラブストーリー「クジラの島の忘れもの」製作決定
メニュー

大野いと&森崎ウィン主演、沖縄を舞台に紡ぐラブストーリー「クジラの島の忘れもの」製作決定

2017年1月19日 06:00

映画「クジラの島の忘れもの」で共演する 大野いと&森崎ウィン「クジラの島の忘れもの」

映画「クジラの島の忘れもの」で共演する
大野いと&森崎ウィン
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の大野いと、音楽ユニット「PrizmaX」メンバーの森崎ウィンが主演を務める映画「クジラの島の忘れもの」の製作が決まった。沖縄を舞台に、人生をあきらめていた女性と夢を追いかけるベトナム人の青年が出会い、恋が芽生えていくラブストーリーだ。

20年前の阪神淡路大震災で家族を失った木元愛美は、母との思い出である、沖縄・座間味島で見たクジラの跳躍をもう一度見ようと、沖縄に転居してきた。しかし、20年に一度と言われるクジラの大ジャンプに再びめぐり合うことは難しく、いつしか仕事や生活に疲れ、人生をあきらめかけていた。そんな中、ベトナムから沖縄のIT企業へ研修にやってきた青年グエン・コアと出会った愛美は、グエンの故郷への思いや仕事への情熱に影響されて自分の人生と向き合い始め、やがてグエンに恋心を抱く。

昨年公開された「雨にゆれる女」で謎めいたヒロインを演じ、今年も「兄に愛されすぎて困ってます」などの出演作が控える大野が愛美を演じ、スティーブン・スピルバーグ監督作「レディ・プレイヤー・ワン(原題)」(2018年公開予定)の主要キャストに大抜てきされ、ハリウッドデビューを飾るミャンマー出身の森崎がグエン役に扮する。

沖縄出身で企業CMや短編映画、記録映像などさまざまな映像作品を手がけ、これが長編映画デビュー作となる牧野裕二監督がメガホンをとり、沖縄県の座間味村や那覇市、そしてベトナムでのロケーションを敢行する。18年公開予定。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ライフの評論 ライフ 「エイリアン」の衣鉢を継ぐ宇宙サスペンスは、予想をくつがえすラストがトラウマ級!
  • オクジャ okjaの評論 オクジャ okja 活劇の醍醐味に満ち、国境もジャンルも自在に超える少女と巨大怪物の大冒険
  • ヒトラーへの285枚の葉書の評論 ヒトラーへの285枚の葉書 兵役で息子を失った夫婦の孤独な抵抗。映画化に至る経緯も奇跡的
映画評論の一覧を見る
Jobnavi