青木崇高、半野喜弘監督との14年来の友情ついに具現化「最高に愛する作品できた」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年11月19日 > 青木崇高、半野喜弘監督との14年来の友情ついに具現化「最高に愛する作品できた」
メニュー

青木崇高、半野喜弘監督との14年来の友情ついに具現化「最高に愛する作品できた」

2016年11月19日 23:00

舞台挨拶に立った(左から) 半野喜弘監督、青木崇高、大野いと「雨にゆれる女」

舞台挨拶に立った(左から)
半野喜弘監督、青木崇高、大野いと
[拡大画像]

[映画.com ニュース] パリを拠点に、ホウ・シャオシェンジャ・ジャンクー両監督らの作品で音楽を手掛けてきた音楽家の半野喜弘が初監督した映画「雨にゆれる女」が11月19日、東京・テアトル新宿でレイトショー公開された。

半野監督は、主演の青木崇高大野いととともに舞台挨拶。「コツコツと作った小さな船が、ようやくお客さんを乗せて海に出ます。胸を張って好きと言える映画ができました」と感激の面持ちで話した。

青木が14年前にバックパッカーとしてパリを訪れた際、カフェにいた半野監督に声をかけ酒宴に飛び入りしたのが2人の出会い。半野監督は「内心、イヤだったけれどいいよと言った」と冗談交じりに振り返ったが、すっかり意気投合し4年前に東京で再会し「一緒に何か作ろう」と約束したことで同作の企画がスタートした。

脚本執筆にも青木の演じるキャラクターを2人でとことん突き詰めた。青木もクラウドファウンディングによる資金集めを手伝うなど、まさに二人三脚で孤高の男と謎に満ちた女の峻烈(しゅんれつ)なラブストーリーを作り上げたとあって、「出会ってからも連絡を取り合ったことが、今日この瞬間につながっていると思うと感慨深い」としみじみ話した。

立ち見の出るスタートなり、半野監督が写真を見て直感で決めたという大野は「大きな作品ではないからこそ、お客さん1人1人の存在の大きさを感じます。いつもの舞台挨拶よりなぜか緊張しています」と神妙な面持ち。青木は、「最高に愛する作品ができました。関わった皆さん、そして初日に足を運んでくれたお客さん、ものすごく愛しています。安心してください。始まったら最後まで退屈させません。それくらい胸に突き刺さる映画なので、後悔はさせません」と言葉に力を込めていた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

雨にゆれる女[DVD] 雨にゆれる女[DVD]最安値: ¥3,175 プラットホーム[DVD] プラットホーム[DVD]最安値: ¥4,177 長江哀歌[DVD] 長江哀歌[DVD]最安値: ¥5,400
山河ノスタルジア[DVD] 山河ノスタルジア[DVD]最安値: ¥3,996 世界[DVD] 世界[DVD]最安値: ¥4,177 四川のうた[DVD] 四川のうた[DVD]最安値: ¥3,743
Powered by 価格.com

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi