3DCG版「サイボーグ009」の主題歌は「MONKEY MAJIK」の新曲「A.I. am Human」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年9月20日 > 3DCG版「サイボーグ009」の主題歌は「MONKEY MAJIK」の新曲「A.I. am Human」
メニュー

3DCG版「サイボーグ009」の主題歌は「MONKEY MAJIK」の新曲「A.I. am Human」

2016年9月20日 06:00

「MONKEY MAJIK」× 「サイボーグ009」コラボイラスト「サイボーグ009」

「MONKEY MAJIK」×
「サイボーグ009」コラボイラスト
(C)2016「CYBORG009」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 石ノ森章太郎の名作漫画を3DCGアニメーション化する「CYBORG009 CALL OF JUSTICE」の主題歌が、ロックバンド「MONKEY MAJIK」の新曲「A.I. am Human」に決定した。あわせて、同バンドのメンバーがゼロゼロナンバーサイボーグのスーツをまとい、島村ジョーとフランソワーズ・アルヌールとともにポーズを決める様子を描いた、キャラクターデザインの齋藤将嗣によるイラストも公開された。

サイボーグ009」の映像化50周年記念作。1964年7月19日に「週刊少年キング」で連載を開始した原作漫画「サイボーグ009」は、悪の組織に人間兵器に改造された9人のサイボーグ戦士が、世界から争いをなくすために戦う姿をつづる。68年(旧テレビ版)、79年(新テレビ版)、2001年(平成版)と過去3度にわたりテレビアニメ化されたほか、「サイボーグ009VSデビルマン」(15)などの劇場アニメ版が4作、OVAも製作され、海外でも放映・出版されている。

オリジナルストーリーで再アニメ化する今作は、人類を守るという使命を離れ平和な毎日を送っていたゼロゼロナンバーサイボーグたちが、人智をはるかに超えた異能を持つ「ブレスド」の出現によって、再び戦いに身を投じる。


主題歌を手がけた「MONKEY MAJIK」「サイボーグ009」

主題歌を手がけた「MONKEY MAJIK」
[拡大画像]

同バンドは、「自分たちが生まれる前から続く大作アニメ『サイボーグ009』の最新作の主題歌を制作できるなど想像もしていませんでした。僕たちMONKEY MAJIKは宮城を拠点に活動をしていますが、作者・石ノ森章太郎先生は同郷であり、宮城の誇りでいらっしゃいます。先生の作品に対しては特別な想いを抱いており、世界中から愛されるこの作品に携われることを、とても光栄に思っています」と喜びを語る。また柿本広大監督は、同曲を「MONKEY MAJIKさんの曲が持つ、優しさや強さの中に感じる一抹の哀しさが、まさにゼロゼロナンバーサイボーグ達の過去や悩みを連想させて、聴く度に胸が熱くなります」と絶賛している。

009 RE:CYBORG」を手がけた神山健治が総監督を務める「CYBORG009 CALL OF JUSTICE」は第1章が11月25日~12月8日、第2章が12月2~15日、第3章が12月9~22日に劇場公開。

サイボーグ009VSデビルマン コンプリートBlu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] サイボーグ009VSデビルマン コンプリートBlu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥7,409 日本漫画界の巨匠、石ノ森章太郎と永井豪。全世界に影響を与えた2人の代表作「サイボーグ009」と「デビルマン」がまさかのコラボレーション。
009 RE:CYBORG 通常版[Blu-ray/ブルーレイ] 009 RE:CYBORG 通常版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,635 SF・サイボーグマンガの原点、天才漫画家・石ノ森章太郎が遺した未完の傑作『サイボーグ009』が、新たなスタッフ&キャストによって生まれ変わった劇場アニメ!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi