3DCG版「サイボーグ009」主要キャストに河本啓佑、種田梨沙、福圓美里ら9人! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年8月21日 > 3DCG版「サイボーグ009」主要キャストに河本啓佑、種田梨沙、福圓美里ら9人!
メニュー

3DCG版「サイボーグ009」主要キャストに河本啓佑、種田梨沙、福圓美里ら9人!

2016年8月21日 19:15

サイボーグ戦士9人のキャストが決定!「サイボーグ009」

サイボーグ戦士9人のキャストが決定!
(C)2016 「CYBORG009」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース]石ノ森章太郎の名作漫画「サイボーグ009」を、3DCGアニメーション化する「CYBORG009 CALL OF JUSTICE」の声優キャストが発表され、主人公・島村ジョー役を河本啓佑が担うほか、種田梨沙福圓美里佐藤拓也日野聡乃村健次真殿光昭佐藤せつじ石谷春貴がゼロゼロナンバーサイボーグを演じることがわかった。

1964年7月に「週刊少年キング」で連載を開始した原作漫画「サイボーグ009」は、悪の組織によって人間兵器に改造された9人のサイボーグ戦士の戦いを描く。1968年(旧テレビ版)、79年(新テレビ版)、2001年(平成版)と過去3度にわたりテレビアニメ化されたほか、15年10月公開の「サイボーグ009VSデビルマン」などの劇場アニメ版が4作、OVAも製作され、海外でも放映・出版されている。

オリジナルストーリーで再アニメ化する今作は、「009 RE:CYBORG」「攻殻機動隊S.A.C.」を手がけた神山健治が総監督、「劇場版 蒼き鋼のアルペジオ アルス・ノヴァ」の柿本広大が監督を担当。人智を超えた異能を持つ存在「ブレスド」が不穏な動きを開始したことから、穏やかな生活を送っていたサイボーグ戦士たちが、再び戦いに身を投じていく。


画像2

(C)2016 「CYBORG009」製作委員会
[拡大画像]

声優キャストは、ジョー(009)役の河本をはじめ、イワン・ウイスキー(001)を福圓、ジェット・リンク(002)を佐藤拓也、フランソワーズ・アルヌール(003)を種田、アルベルト・ハインリヒ(004)を日野、ジェロニモ・ジュニア(005)を乃村、張々湖(006)を真殿、グレート・ブリテン(007)を佐藤せつじ、ピュンマ(008)を石谷が担う。河本は「幅広い世代の皆様から愛され、歴史を刻んできている作品ですので、今回この作品に関われることを誇りに思います。これまで繋いできた想いを裏切らないよう大切に大切に演じさせて頂きました!」と起用の喜びと今作に対する思いを明かす。

一方、種田は「『サイボーグ009』はアニメで何度も親しんできた作品だったので、今回自分が003という重要な役で関わることができ、大変光栄です。プレスコという形でのアフレコは初だったので緊張しましたが、皆さんのお芝居をより身近に感じることができました」と振り返る。柿本監督は、そんな声優陣の演技を「この作品は声優の皆さんの演技を聴きながら絵を作っています。個性的かつ実力の確かな皆さんの迫真の演技が映像を作るスタッフのイメージを刺激し、素晴らしいカットがいくつもできました」と賞賛した。

「CYBORG009 CALL OF JUSTICE」は第1章が11月25日~12月8日、第2章が12月2~15日、第3章が12月9~22日に劇場公開。

(映画.com速報)
サイボーグ009 1979 Blu-ray COLLECTION...[Blu-ray/ブルーレイ] サイボーグ009 1979 Blu-ray COLLECTION...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥26,680 1964年「週刊少年キング」連載以来、多数の雑誌連載、TVアニメ化、映画化、さらにパチンコなど多岐にわたりメディア展開される不朽の名作。
サイボーグ009VSデビルマン コンプリートBlu-ray 特別限定版[Blu-ray/ブルーレイ] サイボーグ009VSデビルマン コンプリートBlu-ray 特別限定版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥11,419 最強のヒーローが最悪の出会いを遂げる。誰もが予想しなかった闘いがオリジナルアニメとしてついに実現!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi