オダギリジョー、主演作・初日舞台挨拶の不在をフライング謝罪「今日をもって消える」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年7月28日 > オダギリジョー、主演作・初日舞台挨拶の不在をフライング謝罪「今日をもって消える」
メニュー

オダギリジョー、主演作・初日舞台挨拶の不在をフライング謝罪「今日をもって消える」

2016年7月28日 21:30

主演のオダギリジョーは公開初日に登壇せず「オーバー・フェンス」

主演のオダギリジョーは公開初日に登壇せず
[拡大画像]

[映画.com ニュース] オダギリジョー主演作「オーバー・フェンス」の東京プレミア上映会が7月28日、東京・テアトル新宿で行われ、オダギリをはじめ、共演の蒼井優松田翔太北村有起哉満島真之介松澤匠鈴木常吉山下敦弘監督が出席した。

集まったファンへの言葉を求められたオダギリは、「サプライズが僕からあるんですけど……。9月17日の初日に諸事情で僕がいないんです」と発表。客席から笑いと驚きの声があがるなか、「主演の作品で初日舞台挨拶に欠席しちゃうっていう。世の中そんなことが許されるのかって思うんですけど。公開日のスケジュールが最初からだめだった。なので今日をもって、この場から消えることになるんですけれども(笑)」と続け、「9月17日の次の日あたりに、各ニュースで主演がいないみたいなことを書かれちゃうかもしれないですけど、海外に行っちゃってるんでどうしようもなくて。すみません!」と謝罪した。

その一方で、本作の第21回釜山国際映画祭「ア・ウインドウ・オブ・アジアン・シネマ」部門への出品が決定したことも発表された。「実は知っていました」(蒼井)、「さっき(蒼井が)『翔太くんも行こうよ』とか言ってた」(松田)とキャスト陣は薄いリアクションだったが、客席は盛大な拍手で祝福した。

本作は、芥川賞候補に5度名を連ねながら、1990年10月に41歳で自殺した作家・佐藤泰志さんの同名小説が原作。佐藤さん自身が小説家としての人生を諦めかけ、職業訓練学校で過ごしていた時期をモチーフにしており、苦悩を抱える孤独な男女が共に生きていこうとする姿を描き出す。

撮影時の思い出を問われた松田は、オダギリと蒼井に視線を移し「2人が人見知りなので、全然しゃべってくれないし、弁当の時も違うところに行っちゃうし(笑)。でもここは俺が行かなきゃと思って、勇気を振り絞って『弁当一緒に食いませんか?』みたいな」とぼやき節。これに対しオダギリは、「そんなようなことはあったかもね(笑)」とマイペースに応じ、会場を笑わせた。

オーバー・フェンス」は9月17日から全国公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • メッセージの評論 メッセージ SF映画の概念を覆し深遠な問いかけをもたらす、鬼才監督の仕掛ける映画的体験
  • 夜に生きるの評論 夜に生きる おかずは詰め込みすぎだが背景描写に捨てがたい味が
  • 夜明け告げるルーのうたの評論 夜明け告げるルーのうた 日本アニメ屈指の異才の、驚きに満ちた王道青春ファンタジー
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

(有)トライワークス

「とにかく映画が好きだ!という方」「編集・取材に興味あり!という方」ぜひご...

職種編集・取材スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi