【国内映画ランキング】「植物図鑑」首位返り咲き、「貞子vs伽椰子」4位、「クリーピー」6位、「MARS」は8位発進 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年6月20日 > 【国内映画ランキング】「植物図鑑」首位返り咲き、「貞子vs伽椰子」4位、「クリーピー」6位、「MARS」は8位発進
メニュー

【国内映画ランキング】「植物図鑑」首位返り咲き、「貞子vs伽椰子」4位、「クリーピー」6位、「MARS」は8位発進

2016年6月20日 19:45

首位に返り咲いた「植物図鑑」「貞子vs伽椰子」

首位に返り咲いた「植物図鑑」
(C)2016「植物図鑑」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 6月18~19日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。前週、首位から3位に後退した「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」が2度目の首位に返り咲いた。「EXILE」「三代目J Soul Brothers」のパフォーマーでもある岩田剛典と、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」が放映中の高畑充希の主演ふたりが、公開後もメディアに露出し続けている。Twitterでの評判も概ねポジティブで、リピーターも相当数出現している模様。2位は、前週初登場1位スタートを切った「64 ロクヨン 後編」で、3位の「ズートピア」も依然として好調を維持している。

新作では、Jホラーを代表する恐怖の2大キャラクターが共演した「貞子vs伽椰子」が初登場4位にランクイン。全国352スクリーンで公開され、オープニング2日間で動員14万0581人、興収1億9854万0600円をあげた。これは「貞子3D」(最終興収13・5億円)の興収比80.6%、続く「貞子3D2」の興収比123.6%で、昨年6月20日より公開された「呪怨 ザ・ファイナル」の興収比では254.3%の成績。体感型上映システム「MX4D」「4DX」でも上映されており、まずは興収10億円超えが当面の目標となりそうだ。

日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞した前川裕の小説を、黒沢清監督で映画化した「クリーピー 偽りの隣人」は、全国256スクリーンで公開され、オープニング2日間で動員9万6394人、興収1億2728万9200円を記録し6位発進となった。

惣領冬実の大ヒット少女コミックを藤ヶ谷太輔窪田正孝のダブル主演で実写化した「MARS(マース) ただ、君を愛してる」は、全国197スクリーンで公開され、オープニング2日間で動員5万9206人、興収7903万9600円をあげ8位スタートとなっている。

なお、トップ10入りはならなかったが、J・J・エイブラムス製作のパニックアクション大作「10 クローバーフィールド・レーン」は12位となっている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi