10 クローバーフィールド・レーン
ホーム > 作品情報 > 映画「10 クローバーフィールド・レーン」
メニュー

10 クローバーフィールド・レーン

劇場公開日

解説

「スター・ウォーズ フォースの覚醒」の監督で、ハリウッドきってのヒットメーカーとして知られるJ・J・エイブラムスがプロデュースした謎のSFサスペンス。恋人と別れた女性ミシェルは車を運転中に事故に遭い、気を失う。気が付くと見知らぬシェルターの中で目を覚まし、そこには「君を救うためにここへ連れてきた」と話す見知らぬ男がおいた。男はシェルターの外の世界はすでに滅びたと主張し、ミシェルと男の奇妙な共同生活が始まるのだが……。ミシェル役は「ダイ・ハード」シリーズでジョン・マクレーンの娘ルーシー役を演じたメアリー・エリザベス・ウィンステッド。監督はこれが初長編作となるダン・トラクテンバーグ。脚本に「セッション」のデイミアン・チャゼル、製作総指揮に「クローバーフィールド HAKAISHA」のマット・リーブスが参加。

作品データ

原題 10 Cloverfield Lane
製作年 2016年
製作国 アメリカ
配給 東和ピクチャーズ
上映時間 104分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

特集

「あの傑作の続編なのか?」「なぜシェルターにいる?」「“ヤツら”とは何か?」映画ファンの期待はMAX! J・Jが再び仕掛けた謎を、映画.comが解き明かす!!
あの傑作SFパニックとどこまで関係がある? 謎に包まれた話題作がついに日本公開!

「スター・ウォーズ フォースの覚醒」のJ・J・エイブラムス監督が、傑作SFパニック「クローバーフィールド HAKAISHA」と同じタイトルを持つ「10 クローバーフィールド・レーン」をプロデュース。「クローバーフィールド HAKAIS...特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

タイトルの謎ワードに惑わされるな!これぞ密室型“怪物”映画の正統継承作
10 クローバーフィールド・レーンの映画評論・批評

2008年に製作された「クローバーフィールド HAKAISHA」は、怪獣映画に革命をもたらした。POV(一人称視点)、そしてファウンド・フッテージ(発見された未公開映像)の手段を用い、巨大モンスターの都市破壊と、逃げ惑う市民のパニック...10 クローバーフィールド・レーンの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.2 3.2 (全149件)
  • 先にあらすじ読んだほうがいい ネタバレ! 視聴:1回目 推薦:映画マニアのみ 感想:タイトルから期待して見るとあれってなってしまう作品。タイトルなしで見てるとなかなか面白かったです。最後のエイリアンは前作と全く違って宇宙戦争に出てきそう... ...続きを読む

    ほんげ ほんげさん  2017年6月15日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • ドキドキ 最後までドキドキしてすきでした。 最後の展開が微妙かな? へんなターミネーターみたいな敵が非現実的で現実味があるとよかったかな?というかんじでした。 ...続きを読む

    M Mさん  2017年6月5日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • むー、久々にキワモノ観ちまった。訳もわからず、おっさんのシェルター... むー、久々にキワモノ観ちまった。訳もわからず、おっさんのシェルターに閉じ込められてDV状態。狂言誘拐か汚染攻撃か以前に、おっさんの行動が意味不明。この展開ならうまいこと逃げ出せたら、あっと驚かせ... ...続きを読む

    かんりにん かんりにんさん  2017年4月18日  評価:1.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

10クローバーフィールド・レーン 10クローバーフィールド・レーン 10クローバーフィールド・レーン 10クローバーフィールド・レーン
10クローバーフィールド・レーン 10クローバーフィールド・レーン 10クローバーフィールド・レーン 10クローバーフィールド・レーン
2016年9月5日 2017年2月28日 2016年12月5日 2016年10月5日
¥299 ¥400 ¥400 ¥400
Amazonビデオ iTunes Google Play U-NEXT
※600円分無料

「クローバーフィールド」シリーズ関連作品

他のユーザーは「10 クローバーフィールド・レーン」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi