クドカン×横山剣コラボ曲!劇場版「ディアスポリス」テーマソングは大西ユカリ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年6月14日 > クドカン×横山剣コラボ曲!劇場版「ディアスポリス」テーマソングは大西ユカリ
メニュー

クドカン×横山剣コラボ曲!劇場版「ディアスポリス」テーマソングは大西ユカリ

2016年6月14日 05:00

“平成のゴッド姉ちゃん”の「ユカリ☆EXPLOSION」に決定「ディアスポリス DIRTY YELLOW BOYS」

“平成のゴッド姉ちゃん”の「ユカリ☆EXPLOSION」に決定
(C)リチャード・ウー、すぎむらしんいち・
講談社/映画「ディアスポリス」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 松田翔太主演の映画「ディアスポリス DIRTY YELLOW BOYS」のテーマソングに、“平成のゴッド姉ちゃん”こと大西ユカリの「ユカリ☆EXPLOSION」が決定した。宮藤官九郎が作詞、「クレイジーケンバンド」の横山剣が作曲・アレンジを担当した豪華コラボ楽曲だ。

同曲は、大阪を拠点にR&Bから歌謡曲まで独自のアプローチで歌い続ける大西が、テイクレコード移籍後の第1弾シングルとして発表するもの。映画は、主人公である「異邦警察(ディアスポリス)」の久保塚署長(松田)が、外国人犯罪者たちを東京から神戸までひたすら追跡するという内容で、大阪が重要なターニングポイントの地として描かれる。そのため、「ひと声で大阪の景色に変えてしまう大西ユカリさんの力強い楽曲がどうしても必要でした」と横山蘭平プロデューサーは起用の理由を語る。同曲が流れるシーンは、安藤サクラが演じる、実写版唯一のオリジナルキャラクター夢子が登場する合図にもなっているという。

すぎむらしんいち氏(漫画)とリチャード・ウー氏(脚本)による原作漫画のなかでも人気の高いエピソード「ダーティイエローボーイズ編」を、熊切和嘉監督のメガホンで映画化。東京に住む密入国異邦人のマリアが殺害される事件が発生し、ディアスポリスの久保塚と鈴木は、現場から逃走したアジア人犯罪組織「ダーティイエローボーイズ」の周と林の足取りを追い西へと向かう。そこへ黒金組の若頭・伊佐久らの思惑が絡み、事件は三つ巴の戦いになっていく。松田をはじめ、浜野謙太柳沢慎吾康芳夫須賀健太、安藤らが共演。9月3日全国公開。

なお、映画と連動したドラマ「ディアスポリス 異邦警察」の最終話は、MBS・TBS系で15日午前1時28分~放送。大西が歌うテーマソングは、「大阪に雨が降れば/ユカリ☆EXPLOSION」として7月20日にリリースされる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi