安藤サクラ、松田翔太主演「ディアスポリス」に金髪レインボーカラーで出演! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年5月29日 > 安藤サクラ、松田翔太主演「ディアスポリス」に金髪レインボーカラーで出演!
メニュー

安藤サクラ、松田翔太主演「ディアスポリス」に金髪レインボーカラーで出演!

2016年5月29日 12:00

安藤サクラが物語の鍵を握る女性役に「ディアスポリス DIRTY YELLOW BOYS」

安藤サクラが物語の鍵を握る女性役に
(C)リチャード・ウー,すぎむらしんいち・講談社
/「ディアスポリス」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 松田翔太主演の映画「ディアスポリス DIRTY YELLOW BOYS」に、女優の安藤サクラが出演していることがわかった。第39回日本アカデミー賞の最優秀主演女優賞に輝いたことも記憶に新しい安藤が、物語の鍵を握る“金髪レインボーカラー”の女性を演じる。

漫画家すぎむらしんいち氏と、脚本家リチャード・ウー(長崎尚志)氏による人気コミックが原作。密入国外国人たちが自衛のための秘密組織「異邦都庁(通称・裏都庁)」を作り上げた東京を舞台に、裏都庁に設立された「異邦警察(ディアスポリス)」に所属する警察官・久保塚が、弱者を助ける姿を描いた。

映画では、人気の高いエピソード「ダーティイエローボーイズ編」を、熊切和嘉監督が手掛ける。裏都民のマリアが誘拐・殺害される事件が発生し、現場からアジア人犯罪組織「ダーティイエローボーイズ」の周(須賀健太)と林(NOZOMU)が逃亡する。久保塚(松田)は2人の足取りを追い、西へ移動していく。

安藤演じる女性は、殺害を繰り返しながら西へ進む「ダーティイエローボーイズ」の目的をいち早く察知する役どころ。コミカルかつクールな“裏警察官”役に扮した松田と、「百円の恋」で人間の堕落と再生を体現した安藤が、どのように共鳴するのか目が離せない。

ディアスポリス DIRTY YELLOW BOYS」は、柳沢慎吾浜野謙太康芳夫、マリーらが共演。9月3日から全国で公開される。なお熊切監督、冨永昌敬監督、茂木克仁監督、真利子哲也監督が演出を手がけるドラマ版「ディアスポリス-異邦警察-」は、MBS・TBS系で放送中。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi