エマ・ワトソン、恋人を救うため拷問に耐える……「コロニア」9月公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年6月9日 > エマ・ワトソン、恋人を救うため拷問に耐える……「コロニア」9月公開
メニュー

エマ・ワトソン、恋人を救うため拷問に耐える……「コロニア」9月公開

2016年6月9日 10:00

シリアスな演技を見せるエマに期待!「コロニア」

シリアスな演技を見せるエマに期待!
(C)2015 MAJESTIC FILMPRODUKTION GMBH/IRIS
PRODUCTIONS S.A./RAT PACK FILMPRODUKTION GMBH/
REZO PRODUCTIONS S.A.R.L./FRED FILMS COLONIA LTD.
[拡大画像]

[映画.com ニュース]エマ・ワトソン主演の政治スリラー「コロニア」が、9月に公開されることが決定した。ワトソンは、恋人を救うため危険な政治コミュニティに身を投じる女性に扮し、暴力を受けるシーンや、下着姿になるシーンなど体当たりの演技を披露している。

今作は、「Quiero ser(原題)」でアカデミー賞短編映画賞を受賞したドイツ人監督フロリアン・ガレンベルガーがメガホンをとり、1973年にチリの独裁政権下で起こった実話を映画化したもの。レナ(ワトソン)と恋人ダニエル(ダニエル・ブリュール)はチリの軍事クーデターに巻き込まれ、ダニエルは慈善団体と称する秘密警察の拷問施設“コロニア・ディグニダ”に送られてしまう。意を決したレナは、恋人を助けるためたったひとりでコロニアに潜入する。

国連の親善大使を務め、フェミニズム活動「He For She」の広報大使としてのスピーチも話題となったワトソンは、今作への出演理由を「愛のためにどこまでできるか。女性は囚われる側を演じることが多いですが、この映画では女性が男性を救いに行く。その設定に惹かれました」と明かす。

また、ガレンベルガー監督はレナ役について「強いだけの女性ではだめ、勇敢さと弱さを併せ持っていないと。光を持った女性を暗闇に送り込みたかった」と語り、「そんな女優はエマしかいない。彼女はいつもまぶしい光を発している」とワトソンの存在感を絶賛している。

コロニア」は、9月17日から東京・ヒューマントラストシネマ渋谷、角川シネマ新宿ほか全国で公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi