ジョニー・デップ&ブレット・ラトナー監督、仏政治家のセックススキャンダルを映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年5月13日 > ジョニー・デップ&ブレット・ラトナー監督、仏政治家のセックススキャンダルを映画化
メニュー

ジョニー・デップ&ブレット・ラトナー監督、仏政治家のセックススキャンダルを映画化

2016年5月13日 12:00

ジョニー・デップ「リバティーン」

ジョニー・デップ
Photo by Ben Pruchnie/WireImage
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ジョニー・デップが、仏政治家ドミニク・ストロス=カーンのセックススキャンダルを題材にした新作「The Libertine(原題)」に主演することがわかった。米Wrapによれば、ブレット・ラトナーが監督を務める。

2011年5月、IMF(国際通貨基金)の専務理事だったストロス=カーンは、ニューヨークに出張中、ホテルの女性従業員に性的暴行を加えたとして、強姦未遂容疑で身柄を拘束された。手錠をかけられた姿がメディアで一斉に報道されたものの、その後、検察側が女性の証言の真意に疑問を抱き、約3カ月後に起訴は取り下げられて示談にいたった。ストロス=カーンは一貫してレイプではなく「同意の上での性的接触だった」と主張。当時は12年の仏大統領選に向け社会党の有力候補だったこともあり、失脚させようとする反対勢力の陰謀ではないかといった憶測も飛び交っていたが、ストロス=カーンの女遊びは政界では有名だったらしく、この事件を機に過去にセクハラされたと訴える女性が複数現れた。

映画は、デップがストロス=カーンをモデルにした仏外交官を演じ、セックススキャンダルで窮地に陥るさまをコメディタッチで描く。なお、「The Libertine」はデップが主演した2005年の映画「リバティーン」と同タイトルであることから、変更になる可能性が高い。

ちなみに、ストロス=カーンのスキャンダルは、アベル・フェラーラ監督、ジェラール・ドパルデュー主演で映画化された「Welcome to New York(原題)」が14年に公開され、好評を博した。

デップは、「アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅」が5月27日から全米公開、7月1日から日本公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi