伊勢谷友介、10年前の主演作「雪に願うこと」で得た“財産”とは? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年3月19日 > 伊勢谷友介、10年前の主演作「雪に願うこと」で得た“財産”とは?
メニュー

伊勢谷友介、10年前の主演作「雪に願うこと」で得た“財産”とは?

2016年3月19日 22:30

10年前を振り返った伊勢谷友介「雪に願うこと」

10年前を振り返った伊勢谷友介
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 伊勢谷友介主演、根岸吉太郎監督作の「雪に願うこと」(2006)が3月19日、東京・京橋の東京国立近代美術館フィルムセンターで開催中の特集企画「自選シリーズ 現代日本の映画監督4 根岸吉太郎」で上映された。2人は上映後のトークショーに出席し、「大味な芝居ではなく、心が役に移ってくるようなお芝居をさせていただいたのは、ほとんど初めてだった」と述懐する伊勢谷が、今作で得た“財産”を語った。

会社を倒産させてしまった矢崎学(伊勢谷)が、故郷の北海道・帯広に戻り“ばんえい競馬”の厩舎で働くうち、新しい一歩に踏み出していく姿を描いた。根岸監督は、学の兄・矢崎威夫役の佐藤浩市に言及し、「佐藤浩市という、とんでもない兄貴が指導していく立場だった。役者としての先輩であり、兄貴である浩市との関係が、伊勢谷さんを成長させる大きな原動力になったと思う」と明かす。続けて「映画の役と、伊勢谷さん本人が重なって見える。チャラいところから、本物の役者になっていった」とねぎらった。

役とともに俳優としても成長を重ねた伊勢谷は、「多くの経験が、この後の作品に生きた」と胸を張る。クライマックス付近、佐藤に殴られる場面では「シーンでやらなくてはいけないことと、自分の感情が合った。役者の目線でフィットしたんです」といい、「自分も不思議な感覚になって、セットを出ようとした時に浩市さんの右手が伸びてきた。ガシっと握手をしていただいて、『良かった』と。芝居をするなかで、心と体がマッチすることを感じさせてもらえたのは、すごい財産になりました」と深い感謝の念をにじませた。

さらに伊勢谷は、撮影以外のエピソードも披露。「よくジンギスカンをご一緒させていただきました」と告白し、「若者連中は、浩市さんとごはんに行くたびにお芝居の話をしていただいた。ちょうど吸収期だったので、らんらんとした目でお話を聞きましたね。浩市さんにとって、僕らはかわいかったと思いますよ」と感慨深げに語る。そして、「浩市さん、クランクアップの時に泣いていました。『ほとんど僕は泣かないんだけれども』って。その後に皆で浩市さんの部屋に押しかけて、ご飯を食べた。今考えれば、そんなこと僕もされたことがなければ、それ以来したことがない。暑苦しい、面倒くさいチームだったと思いますが(笑)、ああやって映画を作るんだという感情にさせてくれたのは、監督の現場は幸せな経験でした」と振り返っていた。

同企画は“男と女”のありようを見つめ続け、モントリオール映画祭の最優秀監督賞に輝いた「ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ」など傑作を世に送り出した根岸監督を特集。3月20日には「近代能楽集」の2編が劇場初公開され、24日に「サイドカーに犬」、26日に「狂った果実(1981)」「キャバレー日記」が同所で上映される。

雪に願うこと プレミアム・エディション[DVD] 雪に願うこと プレミアム・エディション[DVD] 最安価格: ¥4,568 第18回東京国際映画祭にて史上初の四冠を獲得した、名匠・根岸吉太郎監督が贈るいつまでも心に残る爽やかな感動で紡ぐ家族と再生の物語。
ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~[DVD] ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~[DVD] 最安価格: - モントリオール世界映画祭、最優秀監督賞受賞。ある夫婦を通して男女の様々な愛の形を描く、太宰治の同名原作を映画化。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi