鈴木梨央ちゃん、大人顔負けコメントに観客600人脱帽!伊勢谷友介「大好き」とメロメロ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年11月10日 > 鈴木梨央ちゃん、大人顔負けコメントに観客600人脱帽!伊勢谷友介「大好き」とメロメロ
メニュー

鈴木梨央ちゃん、大人顔負けコメントに観客600人脱帽!伊勢谷友介「大好き」とメロメロ

2015年11月10日 20:35

日本語吹き替え版声優陣がずらり勢ぞろい「星の王子さま」

日本語吹き替え版声優陣がずらり勢ぞろい
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリによる不朽の名作小説を長編アニメーション化した「リトルプリンス 星の王子さまと私」のジャパンプレミアが11月10日、東京・文京区の東京ドームシティシアターGロッソで行われ、日本語吹き替え版声優を務めた子役の鈴木梨央ちゃん、瀬戸朝香津川雅彦、ビビる大木、伊勢谷友介滝川クリステル竹野内豊の豪華な面々が舞台挨拶に出席した。

星の王子さま」の“大切なものは、目には見えない”という名フレーズにちなみ、登壇陣は「2016年に一番大切にしたいこと」を星型のバルーンに書き、発表することに。主人公役に抜てきされた10歳の天才子役・梨央ちゃんは、「『努力』です。自分が一生懸命努力することで、素敵な人たちにめぐり会えるからです」と、大人顔負けのコメントで約600人の観客をうならせる。これにはほかの登壇陣も脱帽しきりで、伊勢谷は拍手を送りながら「もう、大好き!」とメロメロの様子だった。

今作で声優初挑戦の梨央ちゃんは、初めて尽くしのアフレコを「画を見て口にあわせてセリフを言ったり、秒数も見て、感情も出さなくてはいけないので、難しかったです」と振り返る。それでも、「楽しかったです!」と笑顔をはじけさせると、母親役を務めた瀬戸は「プロモーション活動をしている中で、大人の私でもハッと思うことばかりで、梨央ちゃんは感性が素晴らしいです」と絶賛。さらに、5歳のころから子役として活動した大ベテラン・津川も、「子役というのは基本的に天才なんですが、この子はその上の天才。ニュアンスや声の合わせ方から、僕らが苦労しているところをシュッとクリアしている。この子は、将来立派な女優さんになるでしょうね」と手放しで褒めちぎっていた。

その一方で、伊勢谷は「年齢を10歳くらいサバ読んでいるんだよね。本当は20歳くらいだよね?」と茶々を入れ、梨央ちゃんを困らせ場内を沸かした。また、声優初挑戦となった竹野内は実写との演技の違いに言及し、「録音ブースに入って、目の前にモニターとマイクだけがあって、それで『はい、やってください』というのは初の経験。非常に楽しませていただきました」と充実感をにじませていた。

リトルプリンス 星の王子さまと私」は、1943年の出版以降、270以上の言語に翻訳され、時代や場所を問わず愛され続けてきた小説「星の王子さま」のその後を描く。11月21日から公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi