「仮面ライダーアマゾン」が42年ぶりによみがえる!養殖&野生ライダー2人が主人公 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年3月18日 > 「仮面ライダーアマゾン」が42年ぶりによみがえる!養殖&野生ライダー2人が主人公
メニュー

「仮面ライダーアマゾン」が42年ぶりによみがえる!養殖&野生ライダー2人が主人公

2016年3月18日 17:00

42年ぶりに復活!

42年ぶりに復活!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 仮面ライダーの生誕45周年を記念し、シリーズ第4作「仮面ライダーアマゾン」をAmazonプライム・ビデオが新たによみがえらせる「仮面ライダーアマゾンズ」の製作発表会見が3月18日、東京・文京区の東京ドームシティ・シアターGロッソで行われ、藤田富谷口賢志武田玲奈東亜優の主要キャストと製作プロデューサーの白倉伸一郎が出席した。

1974年に放送された「仮面ライダーアマゾン」は、独自のビジュアルと他のライダーとは一線を画すワイルドなアクションで、シリーズ最大の異色作との呼び声が高い。新作「仮面ライダーアマゾンズ」は、旧アマゾンと同種という設定の2人のアマゾンが主人公。体が弱く引きこもりがちの20歳の水澤悠こと“養殖”ライダーの仮面ライダーアマゾンオメガが、豪快な性格の38歳の鷹山仁こと“野生”ライダーの仮面ライダーアマゾンアルファに出会い、多くの刺激を受けていく。

白倉プロデューサーは、「42年前に生まれたアマゾンが未だにシリーズ最大の異色作というのはいかがなものか。しかし、それがライダーシリーズの現状。良くも悪くもライダーがメジャーになり、ライダービジネスが拡大した結果、やれることは狭くなった」と訴え、「牙を抜かれたライダーに、アマゾンがもう1回牙をもたらしてくれたらいいなと思います」と本作に込めた思いを熱弁した。

「平成ライダーを作った人たちが、こっちに来ちゃった」と白倉プロデューサーが興奮気味に語る通り、スタッフは平成ライダーシリーズに携わった実力派が結集している。平成ライダー第1作「仮面ライダークウガ」の第1話を手がけた石田秀範がメイン監督を務めるほか、本作の3&4話にはライダーシリーズ10作品のパイロット版を製作した田崎竜太郎監督、5&6話には「仮面ライダー1号」(3月26日公開)の金田治監督も参加。脚本は、「仮面ライダー龍騎」「仮面ライダー電王」「仮面ライダーオーズ/OOO」の小林靖子が担う。

スタッフの気合いと情熱をキャスト陣も感じているそうで、鷹山役の谷口は「顔合わせの時に、監督とプロデューサーから『仮面ライダーだと思わないで(演じて)ください。仮面ライダーになったからって、ライダーをやろうと思わないでください。誰が見てるとか、誰に見せるためにといったことは一切考えないでください。それは、スタッフが全員で命がけで作っていきますので、俳優は自分の役を命がけで演じてください』と言われた。すごくありがたい言葉をいただきました」と明かす。一方、悠役の藤田も「悠として、本気で演じていきたいと思います!」と意欲をみなぎらせた。

「仮面ライダーアマゾンズ」は動画配信サービスAmazonプライム・ビデオで4月1日から配信開始。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

ココロヲ・動かす・映画社 〇(まる)

2015年度台湾興収No.1! 「私の少女時代」(我的少女時代 OURTI...

職種配給宣伝 営業・制作進行、映画字幕翻訳 映像編集 劇場(映画館カ...

株式会社アンプラグド

経験の有無は問いません。行動力のある方、コミュニケーション能力に長けた方を...

職種映画宣伝
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi