「仮面ライダー」西銘駿、先輩・竹内涼真のエールに涙目「ゴーストは僕が引っ張る」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年12月4日 > 「仮面ライダー」西銘駿、先輩・竹内涼真のエールに涙目「ゴーストは僕が引っ張る」
メニュー

「仮面ライダー」西銘駿、先輩・竹内涼真のエールに涙目「ゴーストは僕が引っ張る」

2015年12月4日 19:30

涙目になりながら意欲を語った西銘駿「ドライヴ」

涙目になりながら意欲を語った西銘駿
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「仮面ライダー」シリーズ最新作とその前作がクロスオーバーする「MOVIE大戦」の第7弾「仮面ライダー×仮面ライダー ゴースト&ドライブ 超MOVIE大戦ジェネシス」の完成披露試写会が12月4日、東京・丸の内TOEI1で行われ、「仮面ライダーゴースト」から西銘駿大沢ひかる山本涼介柳喬之、「仮面ライダードライブ」から竹内涼真内田理央上遠野太洸稲葉友が出席した。

映画は、10月4日から放送が始まった「仮面ライダーゴースト」と、9月27日に最終回を迎えた「仮面ライダードライブ」が共闘する。「ドライブ」の主人公を演じた竹内は、「ゴースト」の後輩一同に「僕もがむしゃらに一生懸命頑張りました。『仮面ライダー』をずっと作り続けているスタッフさんについていって頑張れば、1年間終わった後のイベントで、頑張った成果をお客さんが返してくれる。大丈夫だと思います」とエール。西銘は涙目になりながら感動していたが、「ドライブという大きな先輩方がいなくなりますが、ゴーストは僕が引っ張っていかなければいけないので、本気で頑張っていきたい」と意気込み、「いなくならないよ、今後も活動していくよ」(稲葉)、「ずっと仮面ライダーだから!」(竹内)とツッコミを入れられていた。

“偉人の魂”を借りパワーアップする「ゴースト」の設定にちなみ、登壇陣は歴史上の偉人たちの扮装で登場。ナポレンの衣装に身を包んだ西銘が、「『余の辞書に不可能の文字はない』という言葉がある。僕も役者として『不可能はない』と言える人間になりたいと思い、ナポレオンに変身しました」と説明すると、場内を拍手が包み込んだ。しかし、坂本龍馬のコスプレをした竹内から「西銘君よりは(自分は)偉人の着こなしができていると思う。かわいいけど、正直あまり似合っていないよ(笑)」と指摘され、肩を落としていた。

この日は、劇場版のゲスト声優を務めたケンドーコバヤシ、「シソンヌ」のじろうと長谷川忍が、サンタクロースとトナカイのコスプレで登壇。「サンタクロースにお願いしたいことは?」と聞かれた西銘は、「あと5センチだけ、身長を伸ばしてしてください。冗談じゃなくて、ライダーチームは身長が高い方が多いので、話すときに首が痛くなっちゃうんですよ」と明かし客席を沸かせていた。

仮面ライダー×仮面ライダー ゴースト&ドライブ 超MOVIE大戦ジェネシス」は、12月12日全国公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi