「仮面ライダークウガ」葛山信吾らキャストの15年ぶり再集結にファン歓喜! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年1月29日 > 「仮面ライダークウガ」葛山信吾らキャストの15年ぶり再集結にファン歓喜!
メニュー

「仮面ライダークウガ」葛山信吾らキャストの15年ぶり再集結にファン歓喜!

2016年1月29日 15:30

15年ぶりの再会を果たした「仮面ライダークウガ」 メインキャストら

15年ぶりの再会を果たした「仮面ライダークウガ」
メインキャストら
[拡大画像]

[映画.com ニュース]オダギリジョーが主演を務めた「平成仮面ライダー」シリーズ第1弾「仮面ライダークウガ」のブルーレイ発売を記念し1月28日、葛山信吾松山鷹志酒井一圭、たなかえり、元女優の千崎若菜さん、プロデューサーの高寺成紀氏が、東京・新宿バルト9でトークイベントを行った。15年ぶりとなるメインキャストの集結に、集まった430人のファンは歓喜の声をあげた。

クウガに変身する五代雄介(オダギリ)とともに戦う刑事・一条薫役を演じた葛山は、冒頭の挨拶からエンジン全開で、「そういえば今頃五代はどうしているんだろうな?」と役になりきり、五代の妹・五代みのり役で現在は女優業を引退した千崎さんに「お兄ちゃんどうしてるの?」と尋ねて会場を沸かせていた。

この日は、オダギリや葛山をはじめとするメインキャストと制作スタッフが当時を振り返るドキュメンタリー作品「検証 ドキュメント・オブ・クウガ」が上映され、登壇陣も「仮面ライダークウガ」の偉大さを改めて実感した様子。葛山は制作陣の葛藤や熱い思いに心を打たれたようで、「僕がここに並ばせて頂くのは申し訳ない。当時の(制作の)皆さんの思いを改めて聞かせて頂いた。今後役者を続けていく上で何か悩んだときはこれを見ようと思いました」と最敬礼だった。

高寺氏は、「この収録は僕のパートだけで6時間かかった。オダジョーが4時間くらい」と言い、「語り出すときりがないという感じはする。15年目でまだ語っている。後ろ向きな意味じゃないですが、(自身にとって)ちょっとしたピークでしたね」と思い入れの深さを語った。さらに、「たまたまオダジョーとこれを見る機会があって、『真面目ですね……』とコメントしてましたよ」とオダギリの様子を明かし、ファンの関心を集めた。

また千崎さんが、「今でも妹として大事にしてくれて、私の過去は知らないことはないんじゃないかというくらい」とオダギリとの親交を明かすと、高寺氏は「オダジョーも結婚式に行ったんだよね。その後どうですか?」と“追撃”。すると千崎さんは苦笑いを浮かべ、「ひとつ大人になりまして、バツがちょっとついちゃいました」と離婚していた事実を突然告白し、登壇陣を驚かせていた。

同作は、テレビシリーズとしては11年ぶりに「仮面ライダー」として、2000~01年にかけて放送された特撮ドラマ。謎のベルトの力で戦士クウガに変身する五代と、人間を殺すゲームに興じる超古代民族グロンギとが繰り広げる戦いを描いた。「仮面ライダークウガ Blu-ray BOX1」は発売中。「検証 ドキュメント・オブ・クウガ」が収録される「BOX2」は3月9日、「BOX3」は5月11日から発売。価格は各2万2800円(税抜き)。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi