岡田准一、阿部寛の感謝の言葉に感激!「今日、俺泣いてもいいすか」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年3月12日 > 岡田准一、阿部寛の感謝の言葉に感激!「今日、俺泣いてもいいすか」
メニュー

岡田准一、阿部寛の感謝の言葉に感激!「今日、俺泣いてもいいすか」

2016年3月12日 14:05

舞台挨拶に立った阿部寛と佐々木蔵之介「エヴェレスト 神々の山嶺(いただき)」

舞台挨拶に立った阿部寛と佐々木蔵之介
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 夢枕獏氏のベストセラー小説を映画化した「エヴェレスト 神々の山嶺(いただき)」が3月12日、全国321スクリーンで封切られ、主演の岡田准一阿部寛尾野真千子佐々木蔵之介風間俊介平山秀幸監督が東京・TOHOシネマズスカラ座での舞台挨拶に出席した。

ネパール・エベレストをはじめ、数々の過酷な環境で命がけの撮影を完遂した登壇陣。約1年前のロケを振り返り、岡田は「阿部さんの背中を追いかけ、お芝居の勉強させてもらいました。支えていただきました」としみじみ明かす。一方の阿部は、「岡田くんを泣かせようかと思う」と口火を切り、「山は本当に大変だったけど、岡田くんが現場を盛り上げながら前を歩いてくれた。精神が折れることなく過酷な現場を立派に背負ってくれた。尾野さんと3人で支えあっていけた。岡田くん、ありがとう」と謝辞。一蓮托生の関係だった2人は見つめ合い、岡田は「今日、俺泣いてもいいすか?」と感激の面持ちで応えていた。

映画は、山岳カメラマンの深町誠(岡田)と、孤高の天才クライマー・羽生丈二(阿部)の姿を通じ、山に挑む男たちの生きざまを描き出す。上映直後の興奮冷めやらない観客に向け、佐々木は「映画すごかったですね」と語りかけ、ピエールは「ハアハアする映画でした。空気っていいよね!」とジョークを飛ばした。風間は「エベレストに登る深町と羽生の目が、すごいことになっていると思います。普段のおふたりの目の違いを楽しんでいってください」と呼びかけていた。

さらに、岡田は「原作の熱い思いを伝えられるように、できるだけ頑張ってきました。伝わっていれば、本当に嬉しく思います」とほほ笑む。阿部も「命がけでエベレストで撮影してきました」と胸を張り、「その情熱を感じて頂ければ嬉しいです」と観客に委ねた。そして、メガホンをとった平山監督は、「日本を代表するトップクライマーたちに、この映画に参加してもらいました。俳優やスタッフの安全、所作など、とんでもなくお世話になりました。その方々に感謝申し上げたいと思います」と深々と頭を下げていた。

また14日がホワイトデーであることにちなみ、男性陣から尾野に“エベレストケーキ”がサプライズプレゼント。岡田から「女性1人の尾野さんに僕らが気を使わなければいけないのに、逆に元気を頂きました。心強く共演させていただいた思いを込めて。ありがとうございました」と感謝され、尾野はしげしげとケーキを眺めていた。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi