岡田准一、阿部寛、尾野真千子が新社会人にエール「20代は自分を探す時間」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年3月1日 > 岡田准一、阿部寛、尾野真千子が新社会人にエール「20代は自分を探す時間」
メニュー

岡田准一、阿部寛、尾野真千子が新社会人にエール「20代は自分を探す時間」

2016年3月1日 17:00

新社会人にエールを送った阿部寛「エヴェレスト 神々の山嶺(いただき)」

新社会人にエールを送った阿部寛
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 映画「エヴェレスト 神々の山嶺(いただき)」のフレッシャーズ限定試写会が3月1日、都内のホールで行われ、主演の岡田准一をはじめ阿部寛尾野真千子が150人の新社会人にエールを送った。

約20年前に「V6」でデビューした頃を振り返った岡田は、「何もできないし、知らないのでずっと怒られ続けていた。デビューから3年くらいは覚えていない」と苦笑い。それでも、2001年のドラマ「反乱のボヤージュ」で共演した渡哲也を例に、「現場で信頼を集め、まっすぐに立っている。10代から20代初めでの、そういうたくさんの大御所の方との仕事が今の自分につながっている」と経験談を披歴した。

その上で、「仕事を分かった風になった時に何かを否定するのは当たり前のこと。自分にも“分かっているふり時期”というほろ苦い思い出がある。そこで上司でもクライアントでも、何かの意図に気づくことができれば、いい関係ができあがっていくと思う」と説明。続けて、「20代はしんどい時が多い。悔しい思いもすると思うけれど、皆が経験すること。そこで自分の仕事が何かの役に立っているんだと意識するかしないかで全然違ってくる。30代になれば自分を知るようになるので、それを探す時間だと思ってください。応援しています」とアドバイスした。

モデルから転身した阿部は、デビュー作「はいからさんが通る」(1987)の撮影を引き合いに出し、「セリフをすべて覚えていったのに、カメラの前に立ったら真っ白になって30秒立ち尽くした。悔しい思いをするけれど、ぜひ緊張してほしい」とエール。楽しく働く秘けつは?という新社会人の質問を岡田から丸投げされると、「最初の頃はやらされている感じがした。苦労が分かり始めるまで5~6年かかった。それで今があるので、まずは仕事を好きになることから始めれば」と説いた。

さらに、初心を忘れないためにはという問いには、カンヌ映画祭のカメラドール(新人監督賞)を受賞した97年「萌の朱雀」で主演デビューし、雌伏の時もあったという尾野真千子は、「売れない頃、頑張れという言葉が嫌いでした。どうしてこれ以上頑張らないといけないのかと思いましたが、結局は前に進めなくて無理やり好きになるようにしたら自然と前に進んでいました。頑張れば、一歩進めます。頑張って」と笑顔で説諭。これには岡田と阿部も納得の表情で何度もうなずき、阿部は「感動しちゃいました」と感心していた。

「エヴェレスト 神々の山嶺」は、夢枕獏氏のベストセラー小説の映画化。世界初のエベレスト登頂が記録されているかもしれない古いカメラを見つけた山岳カメラマンの深町が、孤高のクライマー羽生と出会い、前人未踏の過酷な登はんを見届ける決意をする。3月12日から全国で公開される。

はいからさんが通る[DVD] はいからさんが通る[DVD] 最安価格: ¥2,389 大正のハイカラな時世を舞台に、お転婆娘・花村紅緒と、許婚・伊集院忍との恋を描いたレトロ・ロマン青春映画。
萌の朱雀[DVD] 萌の朱雀[DVD] 最安価格: ¥2,873 『殯の森』でカンヌ国際映画祭グランプリを受賞した河瀬直美監督の劇場デビュー作で、10年前の同映画祭でカメラ・ドールを受賞した衝撃作。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi