吉永小百合、手首を骨折していた「気を入れ直して頑張る」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年3月4日 > 吉永小百合、手首を骨折していた「気を入れ直して頑張る」
メニュー

吉永小百合、手首を骨折していた「気を入れ直して頑張る」

2016年3月4日 22:04

転倒して骨折したことを明かした吉永小百合「母と暮せば」

転倒して骨折したことを明かした吉永小百合
[拡大画像]

[映画.com ニュース]日本を代表する女優・吉永小百合が3月4日、東京・グランドプリンスホテル新高輪国際館パミールで行われた第39回日本アカデミー賞の授賞式に出席した。レッドカーペット入場時、左手に包帯を巻いて登壇した吉永は、「母と暮せば」で優秀主演女優賞を受賞。受賞者紹介のインタビューで、司会の西田敏行に「滑って転んで手首を骨折してしまいました」と告白した。

同作を配給した松竹の関係者によれば、吉永は2月20日、仕事で訪れた地方の雪道で転倒して橈骨(とうこつ)を骨折。同22日に手術し数日後には退院、その後はこの日に備えて静養につとめていたという。

吉永は、同関係者に「若い頃はスキーをしていて、割とケガとか多いのよ」と語っていたそうで、「過信と油断のせいだと思います。気を入れ直して、体作りを頑張ります」とコメントを寄せている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi