二宮和也、吉永小百合の絶賛で改名決断!?「フェアリー和也に」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年11月22日 > 二宮和也、吉永小百合の絶賛で改名決断!?「フェアリー和也に」
メニュー

二宮和也、吉永小百合の絶賛で改名決断!?「フェアリー和也に」

2015年11月22日 20:15

舞台挨拶に立った(左から)山田洋次監督、 吉永小百合、黒木華、浅野忠信「母と暮せば」

舞台挨拶に立った(左から)山田洋次監督、
吉永小百合、黒木華、浅野忠信
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 山田洋次監督の通算84本目となる最新作「母と暮せば」の完成披露試写会が11月22日、東京・有楽町の丸の内ピカデリーで行われ、山田監督をはじめ主演の吉永小百合二宮和也黒木華浅野忠信加藤健一、子役の本田望結ちゃんが舞台挨拶に立った。

約3カ月の撮影を経て、7月15日にクランクアップを迎えた今作は、12月12日の全国公開に向けて編集に取り掛かっていた山田監督。このほど完成にいたり「この1年かけまして、ここにいらっしゃる俳優さん、大勢のスタッフと心をこめてこの映画を作りました。皆さんにとって納得のいく映画になればいいなと、今日はドキドキしています」と心境を語った。

映画は、作家・井上ひさし氏が、広島を舞台にした戯曲「父と暮せば」と対になる作品を、長崎を舞台に作りたいと願っていたことを知った山田監督が、終戦70年の節目にあたる今年、松竹120周年記念映画として製作。終戦3年後の長崎に暮らす伸子の前に、原爆で亡くしたはずの息子・浩二が現れる。浩二は元恋人で小学校教師の町子(黒木)を諦められないでいた。母子の奇妙で特別な時間は永遠に続くように見えたが…という設定だ。

5度目の山田組となった吉永は、「今回が一番迫力があって、怖いくらいでした。1カット、1カット集中していらして、私も緊張しっぱなしでした」と撮影を述懐。さらに、「3年前に子を失った母として、どういう思いでいるかを話して聞かせてくださいました。ちょっとした仕草として、ため息が出る。どうしたらいいか分からない悲しみを演じさせていただきました」と客席に訴えた。

また、息子役を演じた二宮を「天才」と称していた吉永だが、この日も「監督から難しい注文が出ても、ひょいっと受け止めて次のテイクで出来てしまう。軽やかで、男性だけどフェアリーのよう」と絶賛。すると二宮は、「即刻、改名しようと思います。フェアリー和也に」と軽妙な語り口調で場内を和ませ、「すごくお優しい。フェアリーの情報が更新されていくんですよ。撮影中でも『嵐』の番組を毎週見てくださって」と“母”吉永に最敬礼だった。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi