ベルリン国際映画祭で「女が眠る時」お披露目!西島秀俊「素晴らしい体験」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年2月17日 > ベルリン国際映画祭で「女が眠る時」お披露目!西島秀俊「素晴らしい体験」
メニュー

ベルリン国際映画祭で「女が眠る時」お披露目!西島秀俊「素晴らしい体験」

2016年2月17日 17:00

第66回ベルリン国際映画祭に出席した 忽那汐里と西島秀俊「女が眠る時」

第66回ベルリン国際映画祭に出席した
忽那汐里と西島秀俊
Photo by Dominique Charriau/WireImage/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第66回ベルリン国際映画祭の開催4日目を迎えた2月14日、パノラマ部門に選ばれたウェイン・ワン監督作「女が眠る時」のワールドプレミアが行われ、ワン監督とともに出演の西島秀俊忽那汐里小山田サユリがレッドカーペットを歩いた。西島は前日に行われた黒沢清監督作「クリーピー」の上映に続き、2日連続の参加となった。

ニューヨーカー誌に掲載されたスペイン人作家ハビエル・マリアスのショートストーリーを、日本を舞台に長編にバージョンアップした本作は、スランプに陥った作家(西島)が、リゾートホテルで初老の男(ビートたけし)と若い女性(忽那)の奇妙なカップルに遭遇し、職業的好奇心から次第に一線を越えて“のぞき行為”にエスカレートしていくさまが官能的に描かれる。ワン監督は、「最近はわかりやすい映画が多いですが、これはちょっとだけ消化するのに時間がかかる映画。答えは観客の皆さん、それぞれが出してください」と挨拶した。実際、この物語はどこまでが事実でどこまでが妄想なのか、いかようにも解釈できる。ラストも人によって解釈が分かれるような作りで、上映中は最初の方こそ笑いが起きたものの、やがて静まりかえり、観客の集中度の高さがうかがえた。

今回の上映はサプライズ付き。登壇したワン監督の紹介で、ベルリンに出席できなかったビートたけしがビデオレターで登場した。「私としては、かなり複雑で難解な映画ではないかと思うのですが(笑)、ベルリン映画祭というのは割とこうした考えさせるような、知的なエンタテインメントを好むお客さんが多いということなので、いい反応を期待しています。いろいろな意見が出ると思いますが、ぜひとも映画を楽しんでください」と語ると、会場には歓声とともに大きな拍手が沸き起こった。

くしくもバレンタインデーに当たったこの日、西島は「今日はチョコレートをもらっていませんが(笑)、この上映が一番のプレゼントです」と顔をほころばせた。「大きなスクリーンで細かい表情まですべて見ることができて、素晴らしい上映でした。観客のみなさんもすごく集中して見てくださっているのが感じられました。昨日、今日と2日続けて素晴らしい体験ができて、本当に宝物というか、自分のキャリアのなかで素敵な時間を頂くことができました」。

かつて「スモーク」(1995)で、同映画祭審査員特別賞を受賞したワン監督。今回21年ぶりとなったベルリン復帰に、「ずいぶん私も年をとりました(笑)」と言いながら、そのキャリアを振り返り「同じようなものを撮っていると、飽きてしまう質なんです(笑)。監督として常に変化しているつもり。その姿勢はいまも変わりません」と熱意をのぞかせた。(佐藤久理子)

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社アンプラグド

経験の有無は問いません。行動力のある方、コミュニケーション能力に長けた方を...

職種映画宣伝

ココロヲ・動かす・映画社 〇(まる)

2015年度台湾興収No.1! 「私の少女時代」(我的少女時代 OURTI...

職種配給宣伝 営業・制作進行、映画字幕翻訳 映像編集 劇場(映画館カ...
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi