蛭子能収、“相方”太川陽介不在もおかまいなし「そんなに仲良くない」と本音!?連発 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年2月13日 > 蛭子能収、“相方”太川陽介不在もおかまいなし「そんなに仲良くない」と本音!?連発
メニュー

蛭子能収、“相方”太川陽介不在もおかまいなし「そんなに仲良くない」と本音!?連発

2016年2月13日 19:05

舞台挨拶に立った蛭子能収と三船美佳「ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE」

舞台挨拶に立った蛭子能収と三船美佳
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 漫画家でタレントの蛭子能収と女優の三船美佳が2月13日、出演映画「ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE」が封切られた東京・新宿ピカデリーで初日舞台挨拶を行った。

蛭子と太川陽介のコンビがゲストを迎え、路線バスだけを乗り継いで3泊4日で目的地を目指すテレビ東京の人気バラエティ番組の映画化。太川は大阪で舞台出演中のため、観客にはサプライズでビデオメッセージが流れる予定だったが、蛭子が第一声で「太川さんがいなくて皆ガッカリしたと思いますが、後でここに映りますので」とばらしてしまい、司会者から「それ、内緒だったんですけれど」と注意を受けた。

そのメッセージがスクリーンに投影されると、「え~っ」とわざとらしく驚き、「でかい、何か気持ち悪いね。やだなあ」と蛭子ワールド全開。太川が「蛭子さん、絶対に結末を言っちゃダメだからね」とクギを刺し、ヒロインの三船も「2人で大丈夫かなあ。私もすごく不安」と気がかりな様子だったが、そんな気遣いもどこ吹く風。「そんなに仲良くないんだよ。太川さんは言葉には苦労していたけれど、おおむね良かったと思う。とにかくこの番組が根っから好きで、ピッタリなんだよね。だから俺は何もしない。ついていくだけ」と、番組初の海外となる台湾ロケをひょうひょうと振り返った。

14日のバレンタインに合わせ、三船からプレゼントされた巨大なチョコレートケーキを「おいしい。甘い」と何口もほお張ったが、「俺はお金の方がいいなあ」とぶっちゃけ発言。そして、「正直言って、わざわざ映画にする必要があるのかと思っていたんだけれど、意外とお客さんが来るんですね。まあまあ、面白いですよ」と蛭子節でアピールし、三船を苦笑させていた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社アンプラグド

経験の有無は問いません。行動力のある方、コミュニケーション能力に長けた方を...

職種映画宣伝

ココロヲ・動かす・映画社 〇(まる)

2015年度台湾興収No.1! 「私の少女時代」(我的少女時代 OURTI...

職種配給宣伝 営業・制作進行、映画字幕翻訳 映像編集 劇場(映画館カ...
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi