松坂桃李、今年の目標は「パディントンらしく“紳士”に仕事」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年1月16日 > 松坂桃李、今年の目標は「パディントンらしく“紳士”に仕事」
メニュー

松坂桃李、今年の目標は「パディントンらしく“紳士”に仕事」

2016年1月16日 14:04

松坂桃李、“紳士”を目指す!「パディントン」

松坂桃李、“紳士”を目指す!
[拡大画像]

[映画.com ニュース]1月15日に全国315スクリーンで公開になった映画「パディントン」の公開記念イベントが16日、東京・TOHOシネマズ新宿で行われ、日本語吹き替え版声優を務めた俳優の松坂桃李が、共演の斉藤由貴三戸なつめとともに舞台挨拶に出席した。

松坂は、開口一番「子ども向けだと思ってらっしゃる方、びっくりすると思います」と“先制口撃”。「会場を出るころには温かい気持ちになっている」と出来栄えに自信をのぞかせた。さらに、「紳士すぎるクマ」がキャッチコピーのパディントンにちなみ、今年の目標を「パディントンらしく紳士に仕事をやって、紳士に1年過ごしていきたい」と発表した。

また、パディントン役のオファーを受けた時のことを「衝撃が走って、無理ですと。『クマの声ですよね?』と何度も確認した。でも有吉(弘行)さんもほかのところでやられてたし、いけるかもなと思ってお話を受けました(笑)」と、「テッド」シリーズを引き合いに出して述懐。いざアフレコが始まると、「パディントンがとにかく可愛くて、早く皆さんに届けたいとワクワクした」とすっかりとりこになった様子を見せていた。

劇中でさまざまな失敗をしてしまうパディントンにかけて、最近した失敗を披露した松坂は「正月に実家に帰って、甥っ子にお年玉をあげなきゃと思っていたのにお金がなかった。慌てて下しました」と苦笑いした。「3歳くらいなので金額が難しい」と悩みを打ち明けると、斉藤は「あげすぎるのは良くないのかなと」と“母の顔”でアドバイスを送っていた。

一方の三戸は、今作のキャンペーンを一緒にやり遂げたパディントンとの別れに「すごく寂しい。ライブにも遊びに来てくれて、いろんな思い出がある」と残念顔。自身が奈良出身であることから、「次に会った時には奈良で鹿に鹿せんべいをあげたい」と願望を明かした。

最後に松坂は、「どうやら続編が作られている」とニッコリ。これから鑑賞する観客に向け、「皆さまの感想が日本で公開になるかどうかの鍵を握っています。我々もまたパディントンに会いたいので、まだ見られていない方々に感想を伝えて頂ければ」とアピールに務めていた。

映画は、英児童文学「くまのパディントン」シリーズを初めて実写映画化し、都会暮らしを始めたクマのパディントンとブラウンさん一家のドタバタな日々を描く。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 淵に立つの評論 淵に立つ 家族神話の幻想を通して浮かび上がる人間の闇
  • SCOOP!の評論 SCOOP! 大根仁が引き出す、新しい福山雅治のカッコ良さ
  • お父さんと伊藤さんの評論 お父さんと伊藤さん 必ずしも分かり合えない家族や恋人、それでも向き合い一歩を踏み出す瞬間
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

映画会社ムヴィオラ

映画宣伝は大変な仕事ですが、素晴らしい映画を届ける仕事はとても楽しいです。

職種宣伝スタッフ

ココロヲ・動かす・映画社 〇(まる)

2015年度台湾興収No.1! 「私の少女時代」(我的少女時代 OURTI...

職種配給宣伝 営業・制作進行、映画字幕翻訳 映像編集 劇場(映画館カ...
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi