松坂桃李、パディントンとクリスマス過ごすなら「絶叫マシーンやお化け屋敷に」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年12月17日 > 松坂桃李、パディントンとクリスマス過ごすなら「絶叫マシーンやお化け屋敷に」
メニュー

松坂桃李、パディントンとクリスマス過ごすなら「絶叫マシーンやお化け屋敷に」

2015年12月17日 22:55

舞台挨拶に立った松坂桃李、三戸なつめ「パディントン」

舞台挨拶に立った松坂桃李、三戸なつめ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の松坂桃李が12月17日、東京・TOHOシネマズ新宿で行われた映画「パディントン」の日本語吹き替え版完成披露試写会に出席。1週間後にクリスマスが控えていることから、パディントンと過ごすならと問われると「人間界においては未経験な部分がたくさんあると思うので、大きいショッピングモールに連れて行きたい。その後遊園地に行って絶叫マシーンに乗せたり、お化け屋敷でどんなリアクションをするのか……」とニヤリ。共演したモデルで歌手の三戸なつめは、「自分の家でまったりデート。一緒にクリスマスケーキとか鍋を作って食べたい」と女の子らしいプランを明かした。

パディントンといえば赤い帽子にダッフルコートがトレードマークだが、松坂は肌身離さず持っているものとして「カバンの中にあるのは台本ですね。いつ何時『今読みたい』という衝動に駆られるか分からないので」と仕事熱心な一面を告白。三戸は「上京する時にお母さんとお姉ちゃんが上京祝いで腕時計をプレゼントしてくれたので、いつも身に付けています」と笑顔をのぞかせた。

今回、松坂は洋画吹き替え、三戸は吹き替え声優に初挑戦しており、松坂は「『僕ですかー!?』って何度も確認しました(笑)。本当にびっくりしたんですけど、アフレコルームで映像を見た時にかわいくてしょうがなくて、そのままアフレコせずに見ていたいくらい幸せな時間でした。(作品を鑑賞し)自分がパディントンの声をやっているのが不思議で、甥っ子に見せてあげたい」と満面の笑みでアピールした。

パディントン」は、英児童文学「くまのパディントン」シリーズを初めて実写映画化し、都会暮らしを始めたクマと家主一家のドタバタな日々を描く。2016年1月15日から全国で公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi