島崎信長「何度も見て」アピールに鈴木達央が鋭いツッコミ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年12月5日 > 島崎信長「何度も見て」アピールに鈴木達央が鋭いツッコミ
メニュー

島崎信長「何度も見て」アピールに鈴木達央が鋭いツッコミ

2015年12月5日 22:15

初日舞台挨拶に出席した島崎信長、鈴木達央ら「映画 ハイ☆スピード! Free! Starting Days」

初日舞台挨拶に出席した島崎信長、鈴木達央ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 京都アニメーション制作の人気テレビアニメ「Free!」の原案となった小説を、完全新作アニメーションで劇場映画化した「映画 ハイ☆スピード! Free! Starting Days」が12月5日、全国120館で公開され、島崎信長鈴木達央内山昂輝の主要声優と武本康弘監督が舞台挨拶に立った。

映画は、水泳に打ち込む男子高校生たちを描いたテレビアニメ「Free!」の主人公・七瀬遙らの中学生時代が舞台。岩鳶中学校の水泳部に入部した遙が、親友の橘真琴らとメドレーリレーのチームを組み、成長していく姿を描く。

遙役の島崎は、「『Free!』の時からやってきたので、今までの思いと新しい思いで胸がいっぱい。ただただ、たくさんの方に愛してもらえて嬉しいです」と感無量の面持ち。さらに、「『ハイ☆スピード!』を見ることで『Free!』にも深みが生まれるはず。そして、そこからもう一度『ハイ☆スピード!』を見ると、また何か新しいものを見つけたり感じたりするはず」と真剣な表情で客席に語りかけたが、すかさず隣の鈴木が「すごいね。初日から何度も見てっていうんだ」と鋭いツッコミ。島崎は、たじろきながらも「はい! 僕は言います!」と胸を張り、会場を爆笑させた。

役作りの苦労を問われた島崎は、「テレビシリーズで高校生の遙を演じているので、理屈だけ言えばたださかのぼるだけのはずなのに、色々複雑だった」と吐露。さらに「どうつなげていこうか悩んでいた」と明かし、「遙らしさって何か、『Free!』らしさって何か、『ハイ☆スピード!』らしさって何か、そして中学生らしさって何かをずっと考えていた」と述懐した。

これに対し、他のキャスト陣も「無茶ぶりだった。『マジかよ!?』って(島崎と)2人で言ってた。死ぬほど頭を使って演じた」(鈴木)、「オーディションもなくいきなり呼ばれて、しかも中学生って…若いなって…」(内山)と同調。武本監督は「『どうする!? 中学生役!』っていう原因を作ったのは僕です……」と告白したが、「でもそれは島崎さん演じてこその遙だろう、鈴木さん演じてこその真琴だろうという思いがあったから。演じる側は難しいかなと思ったけれど、『Free!』としても『ハイ☆スピード!』としても譲れないところだった」と強い眼差(まなざ)しで訴えた。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi