椎名桔平、連続ドラマW初主演!巨大銀行の買収めぐる「メガバンク最終決戦」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年12月6日 > 椎名桔平、連続ドラマW初主演!巨大銀行の買収めぐる「メガバンク最終決戦」
メニュー

椎名桔平、連続ドラマW初主演!巨大銀行の買収めぐる「メガバンク最終決戦」

2015年12月6日 06:00

主演する椎名桔平、共演の桐谷健太

主演する椎名桔平、共演の桐谷健太
(C)WOWOW
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優・椎名桔平が、WOWOWの連続ドラマW「メガバンク最終決戦」で主演を務めることが明らかになった。日本国債の暴落で一夜にして巨額の負債を抱え、機能不全に陥ったメガバンクが舞台の今作で、椎名は辣腕の銀行マン役を演じている。

5000億円もの日本株を運用し、国際経済の表裏を知り尽くした“伝説のファンドマネージャー”波多野聖氏の著書「メガバンク絶滅戦争」(新潮社刊)が原作。破綻の危機に瀕した「東西帝都EFG銀行」の買収に、外資系ファンドが名乗りを上げた。仁義なき買収合戦が始まろうとするなか、その辣腕ぶりを買われEFG銀行の専務にまで上り詰めた桂光義は、総務部の二瓶正平とタッグを組み、銀行を食いものにしようとたくらむ外資系ファンド、官僚たちに立ち向かっていく。

連続ドラマWで初めて“座長”を務める椎名が演じるのは、為替部門の専務・桂で「常に相場をにらめつけ、自分の信念をその経験とともに培ってきた人物」という役どころ。椎名は「銀行は身近な存在なのだが、そこで働く銀行員の人たちと話をする機会はほとんどない。まして、その人たちの抱えている悩みや葛藤を、知るよしもない。何万人も勤めるこのメガバンクの内幕が、とてもリアルに、人間味を帯びて描かれているのを、興味深く読ませて頂きました」と脚本の感想を語り、「この物語は、銀行だけを描いているわけではなく、政界、財務省、金融庁を巻き込んでの国家規模の話に展開していきます。日本が破綻する日が本当にやって来るの!? 全6話、ぜひ楽しんで頂けたらと思います」とアピールしている。


画像2

[拡大画像]

原作者の波多野氏は、「壮大な舞台での金と権力をめぐる欲望、組織VS組織、組織VS個人、個人VS個人の戦いの様子が、WOWOWで密度濃く映像化されることに、原作者、そしていち視聴者として興奮を覚えます」と明かす。そして、「映像ならではの生身の人間が見せる涙や汗、叫びや喜びの姿によって、組織とは何か、仕事とは何か、人間とは何か、生きるとは何かを伝えてくれることを期待しております」とコメントを寄せている。

連続ドラマW「メガバンク最終決戦」は、ほか桐谷健太石橋凌大石吾朗利重剛緒川たまき音月桂らが出演する。2016年2月14日の午後10時からWOWOWで放送開始。全6話で、第1話は無料放送。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi